Twitterの活用事例は増えている

TwitterなどSNSを活用したマーケティング戦略を展開している企業は多く、成功事例もよく目にするようになりました。
BtoCにウエイトを置く企業が増えている反面、SNSをうまく活用しきれずに頭を抱えているという企業担当者も少なくありません。
カンバセーショナルカードは、Twitterが提供しているサービスで、販売促進などのキャンペーンに効果を発揮すると言われています。
ここでは、カンバセーショナルカードとは何かとともに、カンバセーショナルカードで可能になること、利用することで生じるメリットについて解説します。

カンバセーショナルカードとは

ハッシュタグの後にイベント名やキャンペーンのタイトルが書かれ、そのリンクをクリックすると、企業のキャンペーン画像とその下にハッシュタグ付きのボタンが表示されるツイートを見たことはないでしょうか。
このハッシュタグ付きコールトゥアクションボタンが、カンバセーショナルカードのことで、Twitterが提供している広告フォーマットになります。

カンバセーショナルカードは、1広告につきハッシュタグボタンを4つまで設定できるほか、クリエイティブフォーマットとして画像のほかに動画も使えます。
また、カンバセーショナルカードをクリックして、キャンペーンを拡散してくれたユーザーに対し、特定のメッセージや動画などを送ることも可能です(インスタントアンロック機能)。
Twitterを利用した従来のマーケティングは、企業が発信したキャンペーンをユーザーがリツイートするものでしたが、カンバセーショナルカードを取り入れることで、より幅広いマーケティングがTwitter上で展開できるようになりました。

カンバセーショナルカードを使ったキャンペーンの方法

企業は、カンバセーショナルカードを、さまざまな種類のキャンペーンに利用しています。
どんなキャンペーンが可能になるのか、主なものをいくつかご紹介します。

・カンバセーショナルカードをクイズ式にする
「この生き物は何でしょう?」というように、ユーザーに質問を投げかけ、カンバセーショナルカードを質問の答えにします。
ユーザーが正解だと思う答えを選択することで、リツイートしてもらうのです。
「あなたは何派?」という選択式のカンバセーショナルカードも設定できます。
インスタントアンロック機能を使うと、ユーザーは選んだ回答に合わせて用意された動画にアクセスが可能になります。
インスタントアンロック機能は、参加が限定されますので、ユーザーツイートが増え、効果的な拡散につながるのです。

・メッセージを1つに絞る
カンバセーショナルカードは最大4つまで設定可能ですが、あえて1つに設定することで、キャンペーンを有利に進めることができます。
4つ設定するよりも、1つのほうがボタンが大きく、メッセージの視認性が高くなる傾向があるため、キャンペーンのメッセージ性を効率良く浸透させたいというときによく使われるのです。

カンバセーショナルカードのメリット

カンバセーショナルカードを利用することで、これまでにない、いつかのメリットが生まれました。

・キャンペーンに興味のあるユーザーを集めやすい
従来のリツイート方法では、ユーザーは自らハッシュタグを付けるところやハッシュタグでつぶやくところまで今一歩気持ちが盛り上がらない、と感じる人もいました。
カンバセーショナルカードの場合、興味のあるキャンペーンに対し、フォローした後ハッシュタグ付きコールトゥアクションボタンをクリック、ツイートしたら応募が完了します。
従来の方法よりも手順がスムーズなので、より参加しやすい状況が生まれます。
キャンペーンといってもいろいろ種類があり、商品が当たるものもあれば、クリックしたらマンガの続きが見られるなど、宣伝色の薄いものもあるのです。
特に宣伝色の薄いキャンペーンは、ユーザーは抵抗なく参加する傾向がありますので、Twitterのタイムラインで見かけて興味を持った、というユーザーも取り込みやすくなります。

・ユーザーが参加できるコンテンツが生まれる
キャンペーンの種類が幅広くなるということは、よりユーザーを楽しませることにつながります。
クイズ形式や選択式を取り入れたキャンペーンは、「面白そう!」とユーザーに受け止められやすく、クリックするだけで参加できるという気軽さも手伝い、参加者の増加とツイートの拡散が期待できるのです。
SNSのユーザーたちは楽しいこと・面白いことをいつも探しています。
楽しく参加できるものをリツイートすることは、自己アピールにもなりますので、積極的にツイートしてくれる傾向があります。
キャンペーンが拡散されれば、それだけ参加者が増える可能性が高まるのです。

・キャンペーンがユーザーコンテンツの作成に繋がる
企業が発信したキャンペーンのリツイートは、単に企業が宣伝したものを、さらに宣伝することになります。
ユーザーの中には宣伝色が強いことに対し、抵抗を感じる人も少なくありません。
ですが、カンバセーショナルカードのツイートは、ユーザーが主体となったコンテンツになりますので、「宣伝している」という面が弱まります。
もし情報を発信しているユーザーに対して信頼感を抱いていれば、より受け入れられやすくなるのではないでしょうか。
カンバセーショナルカードは、宣伝というよりも、口コミに近くなります。
商品が爆発的に売れるのは口コミ次第と言われています。
カンバセーショナルカードを上手に使えば、口コミをTwitter上に拡散することも難しくありません。

まとめ

カンバセーショナルカードは、コールトゥアクション機能とインスタントアンロックカード機能を使うことによって、従来に比べ、宣伝の域を超えたマーケティングを展開することが可能です。
カンバセーショナルカードを使ったマーケティングを成功させるには、ユーザーが喜んで参加したくなるような内容がポイントになりますが、うまく行けばその効果は計り知れないものになります。



Close
お役立ち資料

Facebook広告 動画広告のベストプラクティスをご紹介します。

Close

MENU

SERVICE