Instagram

Instagramの新機能「Reels(リール)」ってなに!?

■TikTokに対抗するべく生まれたReels(リール)

Instagramにはストーリー、ショッピング投稿などの複数の機能がありますが、2020年8月に日本にも登場した新機能「Reels(リール)」をご存知でしょうか。

ここではReels(リール)の特徴と使い方についてご紹介します。


■ Reels(リール)とは

– Reels(リール)はTikTokに似てる!?

Reels(リール)は、最長15秒もしくは最長30秒の短尺動画が投稿できる新しい機能で、現在投稿されている動画のイメージは、TikTokと同じような短尺の動画です!


-Reels(リール)は投稿する場所を選べる!

Reels(リール)は、Instagramのフィード投稿・ストーリー投稿への投稿も可能で、場面に合わせて投稿場所を選ぶことができます。

フィードにもシェアのオンオフでフィード(タイムライン)への投稿も設定することができます!


ストーリーズの横の「シェア」ボタンを押すことで、Reels(リール)で作った動画を通常のストーリーズと同様、24時間後に消えるように設定することもできます。

Reels(リール)では、1つの動画をそのまま投稿する方法と、複数の動画をつなぎ合わせて投稿動画を作成する方法があります。
さらに、エフェクトや音源を追加することも可能で、誰でもオリジナリティの高い動画を作成できるようになります。

また、Instagramを見ているユーザーにとっては、今まで以上にオリジナリティの高い動画に出会える楽しみが増えます。

Reels(リール)で作成した動画は、検索タブの「おすすめ」やタイムライン、ストーリーズに表示されるため、同じInstagramユーザーとの共有も簡単です。

■Reels(リール)の特徴

Reels(リール)の最大の特徴は、誰でも気軽に短い動画を投稿できる、という点と言えるでしょう。

Instagramには、広告主がお金をかけてプロモーションを展開できる機能がありますが(たとえばメインフィードのブランデッドコンテンツタグ)、Reels(リール)にはそういった機能は実装されていません。

InstagramのビジネスアカウントからReels(リール)を利用する場合、ライセンスの理由から、音楽ライブラリにアクセスできないなど、機能面で制限がかかることもあります。

しかし、ビジネスにまったく使えないかというとそうではなく、世界で10億人ものユーザーがいると言われているInstagramユーザーにブランディングを展開したり、会社が提供しているサービスに興味を持ってもらったりといったように、集客面で効果を発揮します。

短時間の動画を編集して投稿するというアプリなら、Reels(リール)以外にもありますが、Reels(リール)の魅力はなんといっても、オリジナリティの高い動画を投稿することで、Instagramユーザーにアプローチできるという点ではないでしょうか。

■Reels(リール)の投稿方法

Reels(リール)を利用するには、Instagramにログインし、「リール」を選択します。

そうすると、「撮影メニュー」が表示されるので、「長さ」「音源」「速度」「エフェクト」「タイマー」の各メニューを選択して、動画を撮影し、動画の投稿先を選んでください。

編集した動画をストーリーズに投稿する場合は、「ストーリーズ」を選び、タイムラインに投稿する場合は、「フィード表示」をオンに設定します。

編集にはテキストやステッカー、落書きなどの機能がありますので、好きな機能を使って動画を編集していきます。

編集が終わったら、「投稿」を選択して、投稿は完了です。

Reels(リール)をストーリーズに投稿すると、24時間後に動画は消えますので、時間限定で動画を表示させたいという場合は、ストーリーズが向いています。

タイムラインに投稿すると、動画はそのまま残ります。

■Reels(リール)の活用方法

Reels(リール)を活用するなら、短い動画が持つメリットとInstagramユーザーにアプローチできるという利点を利用することで、効果的な活用につながります。

短い動画は、動きと音が加えられることによって、写真や画像よりもより多くのメッセージを伝えることが可能です。

さらに、編集や動きによってエンターテイメント性も追加できることによって、より多くのユーザーを獲得できることが期待できます。

15秒以内は、宣伝としては短すぎるのでは、と思うかもしれませんが、短い動画1本で、何十万人ものフォロワーを増やしたという例もありますので、短い動画の効果は侮れません。

ターゲットを絞り、ターゲットと同年代の人物を起用する、ターゲットに好まれそうな効果音を使う、ターゲットがイメージしやすいようなストーリーを作るなど、ポイントを絞り込むと、訴求効果の高い動画に仕上げることができるでしょう。

効果的な動画には、正解はありません。

大切なのは、ターゲットが好みそうな動画を想定して、コンテンツを作ることです。

実際にリールに動画を投稿して、ユーザーの反応を見てみましょう。

何度か動画を投稿することで、反応が得られた・得られないという傾向がつかめるようになります。

改善点を見つけ、より多くのユーザーが共有して盛り上がるような動画になるように精度を上げていくことで、動画の編集・作成スキルとともに、リールを使った集客のスキルも向上するでしょう。

■さまざまな工夫を凝らして顧客を集めましょう

Reels(リール)の特徴や使い方について説明しました。投稿方法は、覚えてしまえば簡単です。
しかし、ビジネスに活用する場合は、ターゲットの反応を得られるよう工夫が必要になります。
いろいろなコンテンツを作成して、集客ツールとしてリールを活用でしていきましょう。