Questionnaireの特徴

1.コンテンツ化しやすい

1.コンテンツ化しやすい

診断系コンテンツそのものが一つのコンテンツになるので、ホームページやサイト内の常設コンテンツとして活用することが可能です。

2.ブランドや商品に対する理解を深めることが可能

2.ブランドや商品に対する理解を深めることが可能

気軽に楽しめるコンテンツを用意することで、新規や既存ユーザーに対し、ブランドや商品への理解をより深めてもらうことが可能となり、新規ファンの獲得や既存顧客のロイヤルカスタマー化に繋がります。

3.“SNS”への拡散

3.“SNS”への拡散

参加者は最終的に診断結果をTwitterとfacebook にシェアすることが可能なので、参加ユーザーを通じ新規ファンに対してリーチすることも可能です。

ユースケース

1.診断ケースを作成

管理画面で診断ケースを作成
質問数や回答数も自由にカスタマイズ可能!

2.診断ケースをウェブサイトに埋め込み

2行のコードをホームページに組み込むだけの簡単実装。デザインカスタマイズも可能!

3.ユーザーの診断結果をレポートで確認

管理画面上でマーケティングにも活用できるユーザーの回答や診断結果を確認することが可能!

導入イメージ

1.Twitterインスタントウィンキャンペーン連動

BBFと組み合わせる事で、診断に参加したユーザを対象に当選結果をその場で返すキャンペーンが実施可能です。

BBFについて
2.ユーザーへのオススメ商品の提示

回答したユーザーに対して商品理解を深めていただき、購買意欲の促進としてもご活用いただけます。

CONTACTお問い合わせ

We want to help you as much as we can so feel free to contact us!

-->

MENU

SERVICE