動画広告

YouTube動画広告制作のポイント

 

今回は、YouTubeの動画を視聴している時に流れる広告、TrueView広告とBumper広告のご紹介をいたします。

YouTube広告のTips含め、現在行なっている限定キャンペーンのご紹介もさせていただきます!

YouTube動画広告の制作ポイント

YouTube広告は動画の視聴前、視聴中、視聴後に流れる動画広告です。
ユーザーが動画を視聴している時に流れるものなので、
目に止まりやすく、広告を最後まで視聴してもらえるためのポイントをご紹介します。

・文字や注目ポイントは大きく表示
・インパクトと音源でユーザーの注目を引く
・ブランドは自然に表現する
・ユーザーに取ってもらいたい行動は明確に

 

YouTube動画広告の種類

Youtube広告には様々な種類のプレイスメントがあります。
今回はユーザーがYouTube動画の視聴前、視聴中や視聴後に目にする動画広告のスタイルをご紹介いたしましょう。

TrueView広告

・動画の視聴時に流れる、12秒から3分までが効果的な動画広告。
・5秒後にスキップ出来る動画とスキップ出来ない動画があります。
・認知拡大や検討段階にオススメな媒体です。
*アクション、リーチ、ショッピング機能を付け足すことが可能です。


バンパー広告

・動画の視聴時に流れるスキップ出来ない6秒の動画広告。
・ユーザーのアクションを促すのにオススメな媒体です。

 

Creative Works動画プラン

Creative Worksはモバイルに特化した動画広告を短時間で制作することが可能なサービスです。
今回はYouTubeの広告に合わせて、ご紹介していきます。

MOVE

6秒の動画を1枚の静止画より制作いたします。
・Bumper広告に最適な短い動画スタイルです。

元素材
MOVE納品動画

LIFT

15秒〜の動画を3枚の静止画より制作いたします。
・TrueView動画広告に最適な動画スタイルです。

元素材
LIFT納品動画

PLAY

15秒〜の動画を静止画10枚までと動画を組み合わせて制作いたします。
・TrueView動画広告に最適な動画スタイルです。

元素材
PLAY納品動画


Creative Worksのサービス内容について、もっと詳しく知りたい方はこちら→ https://www.shuttlerock.co.jp/service/creativeworks.html