Twitter

Twitterの抽選ツールでキャンペーンを効率化!おすすめツールの選び方・注意点まとめ

Twitterを通して、より多くの人に自社のサービスや商品に興味を持ってもらいたいと考えている企業は多いです。

それと同時に、できる限り時間をかけずにTwitterキャンペーンを効率化したいと感じているSNS運用担当者も多いのではないでしょうか。

特にTwitterは利用ユーザーも多く、キャンペーンで結果を出しやすいSNSですが、キャンペーンの運用をより効率化させようと思ったら抽選ツールを使うのが一番の近道です。

本記事では初めて抽選ツールを利用する方に向けて、Twitter抽選ツールのメリットや機能、そして抽選ツールの選び方とおすすめについて解説していきます。

ぜひ自社のTwitterキャンペーンで使用する際の参考にしてみてください。

 

 

Twitterの抽選ツールとは

Twitterの抽選ツールとは、企業でキャンペーンを実施する際の運用を効率化してくれる外部ツールのことです。

Twitterのキャンペーンとひとことで言っても、フォロワー数増加や認知度向上など、目的に応じて戦略から実行プランまで細かな準備が必要。

どの企業も失敗に終わりたくないと思っていますし、分析もしながらユーザーが喜んでくれるキャンペーンを実施したいと考えているでしょう。

Twitterの抽選ツールは、キャンペーンの運用において時間や人手が必要な箇所を上手に補ってくれます。

メリット

Twitterのキャンペーンで抽選ツールを利用する一番のメリットは、費用の削減です。

キャンペーンは企画をして終わりではなく、運用するために人を増やして参加者からの問い合わせ対応を行ったり、抽選や当選連絡など、多くの時間と労力がかかります。

そうなると、とても少人数では回せないですし、普段している業務と並行させながらやろうとすると無理が出てくるでしょう。

その点、抽選ツールを使えば人件費などを大きく減らすことが可能です。

主な機能

抽選ツールでは、どのくらいの人がキャンペーンに参加したのかなど、応募した方の情報収集を行い、締め切りの後は実際に抽選と当選連絡まで行うことができます。

中には、怪しいアカウントは排除してくれる機能や複数のキャンペーンを同時に登録して開催できるものもあります。担当者が本来の業務に集中できるよう、さまざまな場面で助けてくれる機能ばかりです。

Twitterキャンペーンの抽選方法

Twitterキャンペーンにおいて当選者を決める際には、2種類の抽選方法から選ぶことになります。

自社ではどちらの方法で選ぶかをあらかじめ決めておくと良いでしょう。2つの抽選方法について、詳しく説明していきます。

当選結果を後日発表する方法

キャンペーンへ向けてのツイートを期限までに投稿してもらう、または期限までにキャンペーン投稿をリツイートしてもらい、締め切り後にどのユーザーを当選させるのか決め、当選者発表の日に改めて連絡をしてプレゼントを発送します。

この方法だとユーザーはすぐに当選したかはわかりませんが、当選者発表の日にはわかりますし、自社でどの人にするかも選べます。

中にはキャンペーンをさまざまな方に知らせてくれて、自社のために貢献してくれているユーザーがいるかもしれません。そういった方に、豪華なプレゼントを当選させてあげられるというメリットもあります。

インスタントウィン

すぐにクジを引いて当選したのか落選したのかがわかるのが、インスタントウィンという方法になります。ユーザーとしてもすぐに自分は当選したのかわかるため、好まれる傾向にあります。

さらに、社内で時間を作って当選者を決定しなくても良いため、その点でも楽と言えるでしょう。ただ、インスタントウィンを実施したい場合、自社でシステムを構築するのは難しいため抽選ツールの活用が必須になります。


抽選ツールの選び方と注意点

ネットで探してみると、抽選ツールがいくつも見つかり、どれを選べば良いのか悩んでしまいます。

抽選ツールは、搭載している機能がまったく一緒というわけではないため、選ぶ際には注意が必要です。

抽選ツールの選び方としては、次の3つに焦点を当てて選ぶようにしましょう。

商用利用の可否

企業アカウントでTwitterキャンペーンを実施する場合、商用利用の可否について注意しましょう。抽選ツールの中には、商用での利用が許可されていないものもあります。

それを知らずに利用しようとしたところ、後から商用利用不可だとわかる可能性もあります。この点については事前にしっかりとチェックするようにしましょう。

使える機能

そもそも自社のTwitterキャンペーンではどんな機能が必要か、必要のない機能、絶対欲しい機能を明確にして抽選ツールを選ぶようにしましょう。

多くの機能がある抽選ツールを高額で申し込んでも、実際の運用で使わなければただの無駄になってしまいます。

応募者が行ったリツイートやハッシュタグ付きツイートなどのアカウント情報も、抽選ツールによって取得できる数が異なります。

特に規模の大きいキャンペーンを打ち出すときには、想定応募人数以上のアカウント情報を取得できるツールを選ぶようにしましょう。

料金

抽選ツールの違いによって、料金体系も異なります。すべて似たようなものだと思って選んでしまうと、後悔してしまうので注意しましょう。

どんなに使っても一定の金額で支払う月額制になっているのか、利用した日数やサービスの量によって値段が変わってくる従量制かなど、チェックは必須。

自社キャンペーンの予算と各抽選ツールのバランスを見て、最適なものを選びましょう。


■ 関連記事

Twitterキャンペーンの面白い事例7選。バズった企画の共通点とは?

 

おすすめのTwitter抽選ツール

機能や料金などさまざまな点を加味しながら多くの抽選ツールを見ていると、どれを利用したら良いのか迷ってしまうケースも多いかと思います。

こちらでは、総合的におすすめなTwitter抽選ツール「BBF」について紹介します。

運用を自動化できる

自社で決めた当選人数を、BBFを使って事前に設定することができます。実際に抽選する際は、設定に応じて当選や落選が自動で任せられるのです。

さらに、キャンペーンへ参加してくれたユーザーに当落の通知を自動で返信してくれるため手間がかかりません。手動で抽選する手続きも必要ないですし、勝手に返信してくれるため本来の仕事に集中できます。

どのような方がフォローとリツイートしてくれたのか知りたい場合も、一目でわかる参加者リストをCSVでダウンロードできる点も魅力的です。

不正ユーザーを防げる

Twitterをはじめとしたネットでは、顔が見えないからこそ不正に参加してくるユーザーもいます。純粋にキャンペーンに参加したいという人ではなく、botなどのケースもありえるのです。

BBFでは一部オプション対応となりますが、変だと感じる行動を取っている応募者や当選者を除外できるので、当選した応募者が実は不正ユーザーだったというリスクを回避できる点もおすすめです。

簡単に分析できる

応募者のキャンペーンの参加回数などの情報や当選状況を、キャンペーン実施中にリアルタイムで知りたい方も多いのではないでしょうか。

BBFのオプションでは、これらの分析をユーザー単位で詳細に行うことができます。詳細分析は、次回以降のキャンペーンにも活用できるのでおすすめです。

その他のTwitterキャンペーンツール

Twitterのキャンペーンをより効率的に企画・運用したいときには、抽選ツールのほかにも便利なツールがあります。

中でもTwitterの分析ツールを使うのは非常に重要です。反省点を見つけた場合には、次回の改善に向けた指標にもなりますし、Twitterのキャンペーンを成功させるためには欠かせません。

こちらではどのようなツールがあるのか、使いやすいものを紹介していきます。


Twitterアナリティクス

Twitterアナリティクス(公式)では、詳細な分析を通してエンゲージメントなどの効果測定ができます。

ツイートに対してユーザーがどんな反応をしてくれているのか、人気だった投稿なども細かく見ることができます。公式ツールということもあり、料金は無料なのでぜひ取り入れてみましょう。

SocialDog

SocialDogも便利なTwitter分析ツールです。「フォロワー獲得分析」「フォロワー分析」「ツイート分析」「レポート」などの機能があり、より細かな分析が可能です。すべての期間だけでなく、ツイート種別や曜日別・時間帯別の分析結果を知りたい、というときにもおすすめ。

フォロワー分析としては、年代や活用地域のほかに、自社に興味を持ったユーザーがフォローを開始した時期なども確認できます。

料金は無料のものから月額980円、月額4,980円、月額9,800円と4種類の中から選択でき、キャンペーン以外の普段のアカウント運用にもおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

Twitterの抽選ツールは、キャンペーンを効率的に実施したい場合は絶対に欠かせないツールです。

本来の業務と並行しながらキャンペーンを実施しやすくなりますし、当選者の決定からユーザーへの連絡まで多くのプロセスを効率化できます。

運用を自動化でき、botなどのアカウントも排除可能なBBFは、安心して利用できるおすすめの抽選ツールです。

分析も細かく行いたいというときには、BBFと併せて分析ツールでも補っていきましょう。キャンペーンの良かった点・改善点などもわかり、次のキャンペーンに活かすことができます。

本記事の内容を踏まえ、皆さんのTwitterキャンペーンをぜひ成功へと導いてください!