Twitter

フォロー&リツイートキャンペーンのやり方を解説!成功事例から学ぶ企画・運用のコツ

フォロー&リツイートキャンペーンについてTwitter上でよく目にするかと思いますが、運用方法についても詳しく知っていますでしょうか?

SNSを使ったマーケティングの重要性が年々高まってきている今、キャンペーンの企画・運用の方法を知ることは企業において非常に重要です。

特にTwitterのフォロー&リツイートキャンペーンは、大手企業も続々と導入し、大きな成功を収めています。

今回はこのフォロー&リツイートキャンペーンを実施する際のコツやメリットについて、具体的に解説していきます。さらに成功事例についてもご紹介するので、自社でのフォロー&リツイートキャンペーン企画を想像しながらぜひ読み進めてください。

フォロー&リツイートキャンペーンとは

フォロー&リツイートキャンペーンとは、ユーザーに自社のアカウントをフォローしてもらい、特定の投稿をリツイートしてもらうことを参加条件としたTwitter上のキャンペーンです。

応募して抽選に当たると、なにかしらのプレゼントがもらえるような仕組みになっています。

フォロー&リツイートキャンペーンのメリット

フォロー&リツイートキャンペーンを企業として実施するのなら、そのメリットをしっかりと把握しておきましょう。

メリットを把握することによって、導入したい気持ちがより強まるかもしれません。

拡散力が高い

フォロー&リツイートキャンペーンの最大のメリットは、高い拡散力です。Twitterはもともと拡散力が高いですが、プレゼントを設けることによって、拡散力に拍車がかかります。

また、キャンペーンに参加したフォロワー自体が発信者になる、という点も大きな魅力です。さらに、多くの人がフォローしたりリツイートしたりしていると、その商品が流行っているというイメージを多くのユーザーに与えることもできます。

Twitterのキャンペーンを通してトレンドを作り出すことで、購買意欲の刺激にも繋がるでしょう。

巻き込みやすい

ユーザーの巻き込みやすさも、フォロー&リツイートキャンペーンの大きなメリットと言えます。

Twitterなどのキャンペーンで重要になってくるのは、ユーザーから見た手軽さ。ウェブサイト上でのキャンペーンに比べ、圧倒的に手軽に利用できるのがフォロー&リツイートキャンペーンなのです。応募をするというアクションの敷居が低く、大勢の人を巻き込みやすい特徴があります。

フォロー&リツイートキャンペーンに参加するためには、いずれも簡単な作業が必要になるだけで、ちょっとした合間の時間に手軽に参加してくれる人が多いのです。

逆に、参加条件を複雑にしてしまうと一気に参加者が少なくなるので、注意するようにしましょう。

運用の難易度が低い

企業側としての運用難易度の低さも、フォロー&リツイートキャンペーンを実施する際のメリットです。

現代では、メールや電話よりも気軽にできるSNSでのコミュニケーション好む人も多くいます。若い世代を中心としたそのような人たちにアプローチできるのは、大きな強みです。

企業としても、わざわざ自前のコミュニケーションツールを用意する必要がなく、無料でTwitterを利用できます。

運用の難易度が低いということは、運用にかかる工数が少ないということでもあるので、マーケティング全体に支障をきたすことなく実施できるでしょう。

■ 関連記事

Twitterキャンペーンの面白い事例7選。バズった企画の共通点とは?

目的別のTwitterキャンペーン

Twitterキャンペーンの企画・運用で重要なのが、キャンペーンの実施目的を意識することです。

各企業や各キャンペーンごとに目的は異なります。新商品の認知拡大を目的にすることもあれば、フォロワー増加を狙って自社サービスの影響力を強めたいという場合もあるでしょう。

目的に沿ったTwitterキャンペーンを実施することによって、企業として本当の意味での目標達成に繋がるのです。

ここでは、「認知拡大」と「フォロワー増加」の2つの目的に分けて、成功事例をご紹介していきます。

認知拡大における成功事例

それでは実際の事例として、認知拡大を目的としたTwitterキャンペーンの成功事例を2つご紹介します。

株式会社フレッシュネス

【キャンペーン概要】
株式会社フレッシュネスが行った、フォロー&リツイートキャンペーンです。公式アプリの認知拡大を目的として実施。応募した方の中から、半額クーポンが合計1,000名にその場で当たるというもので、9日間毎日実施されました。応募条件は、フレッシュネスバーガーの公式アカウントをフォロー、そして投稿をリツイートすることの2点。

【キャンペーンの成果】
大人気のハンバーガーが半額で食べられるということで、大きく注目されました。合計として、キャンペーン投稿は1,400万回以上のインプレッションを獲得。

【成功要因】
プレゼント商品自体の認知拡大ではなく、抽選結果を伝える際に紹介する公式アプリの認知拡大を目的とした間接的なキャンペーンです。公式アプリについてより多くの情報を伝えるため、文章ではなく動画でリプライする形で結果をお知らせしています。動画の後半に抽選結果を発表することで、公式アプリについての情報を最後まで見ていただく機会を増やすことができました。

<動画でのリプライ>

レイコップ・ジャパン()

【キャンペーン概要】
レイコップ・ジャパン()が行った、フォロー&リツイートキャンペーンです。同社の新製品である、UV除菌ポータブルクリーナーの認知拡大を目的として実施。応募した方の中から新製品が合計55名にその場で当たるというもので、14日間毎日実施されました。応募条件は、レイコップの公式アカウントをフォロー、そして投稿をリツイートすることの2点。

【キャンペーンの成果】
14日間という期間での実施でしたが、毎投稿平均7,000以上のリツイートがされるキャンペーンになりました。14日間での合計インプレッションは、推定8,700万回以上にのぼりました。

【成功要因】
公式価格が2万円のレイコップの新製品が当たるというキャンペーン内容だったため、賞品の魅力が高かったことが成功要因の一つと言えます。これだけ高価なものが、フォロー&RTという簡単な応募条件だけで手に入るということで多くの参加者が集まりました。また、14日間というキャンペーン期間でしたが、投稿とともに載せる動画を日によって変えるなどの工夫もありました。同じキャンペーンの投稿であっても、画像や動画などのコンテンツを変えることで、フォロワーを飽きさせないことにも繋がったと言えます。

フォロワー増加における成功事例

次に、フォロワー増加を目的としたTwitterキャンペーンの成功事例を2つご紹介します。

日本サニパック株式会社

【キャンペーン概要】
日本サニパック株式会社が行った、フォロー&リツイートキャンペーンです。サニパック公式Twitterアカウントのフォロワー増加を目的として実施。とって付きのハロウィン袋が、毎日10名に抽選でその場で当たるというもので、20日間毎日実施されました。応募条件は、サニパックの公式アカウントをフォロー、そして投稿をリツイートすることの2点。

【キャンペーンの成果】
サニパックの公式Twitterは当キャンペーン実施の3ヶ月前に開設され、キャンペーン開始時にはフォロワーが約150名のみでした。しかしキャンペーン開始後1週間で、フォロワー数1万人超えを達成。キャンペーンの実施目的であるフォロワー数の増加を達成することができました。

【成功要因】
ハロウィンの時期に合わせたキャンペーン賞品だったため、その場で当たるインスタントウィン形式との相性が良かったのが成功要因の一つです。今までサニパックのアカウントでキャンペーンを行う際、後日抽選の形式でキャンペーンを行なっていました。そのため、ユーザーが応募してから抽選結果を知るまでに時間がかかっていましたが、すぐに抽選結果が分かる形式(インスタントウィン)に変えることで応募者数を圧倒的に伸ばすことができました。

また外れた場合でも、Wチャンスとして2,000円相当の賞品をプレゼントをするということで、ユーザーの期待値を上げることに繋がりました。

サニパックの最新のキャンペーンはこちら

ビユーテー株式会社

【キャンペーン概要】
ビユーテー株式会社が行った、フォロー&リツイートキャンペーンです。ビユーテーの公式Twitterアカウントのフォロワー増加を目的として実施。応募した方の中から、抽選で55名にQUOカードPay1000円分がその場で当たるというもので、1ヶ月間毎日実施されました。応募条件は、公式アカウントをフォロー、そして投稿をリツイートすることの2点。

【キャンペーンの成果】
このフォロー&リツイートキャンペーンを通して、フォロワー数が1ヶ月で約16,000人も増加する結果となりました。

【成功要因】
プレゼント賞品がQUOカードPayという利用しやすいものであったことも、注目を集める成功要因になりました。このようにキャンペーンの賞品は、必ずしも自社商品に限定する必要はありません。ターゲットとする潜在フォロワーの視点に立って、魅力的な賞品に設定することが重要です。


今回ご紹介した4つの事例は、いずれもシャトルロックジャパンが提供するBBFというキャンペーンツールを利用いただいたものです。BBFにご関心のある方は、下記バナーより詳細をご覧ください。

フォロー&リツイートキャンペーン企画のコツ

次に、企画時におけるフォロー&リツイートキャンペーンのコツをお伝えします。

フォロー&リツイートキャンペーンは確かに効果的ですが、適切な企画ができた場合に最大限の効果が発揮されます。

企画がユーザーニーズや目的とズレている場合には、なかなか思うような成果があがらないこともあるので注意しましょう。

目的に合ったキャンペーン内容にする

目的に合致したキャンペーン内容にすることは重要です。そもそも、企業がなぜフォロー&リツイートキャンペーンをするかは、それぞれ目的が違っています。

成功事例でもご紹介したように、商品の認知度を高めたいという場合もあれば、単純にフォロワー数の増加を狙って影響力を高めたいという場合もあります。ほかにも、フォロワー数よりも、フォロワーのエンゲージメント率を向上させて質の高いファンを獲得したいという企業もあるのではないでしょうか。

このように目的が違えば、キャンペーンの方向性も異なってきます。そこで重要になってくるのが、キャンペーンの実施目的です。企画の段階で、最初にどんな目的のためにフォロー&リツイートキャンペーンをするのかを社内で明確にしましょう。

参加ハードルをできるだけ下げる

フォロー&リツイートキャンペーンの強みは、とにかく参加ハードルが低いところです。強みを損なわないよう、キャンペーンを実施する際は、不必要に応募障壁を上げないようにしましょう。

参加ハードルを上げてしまう例としては、キャンペーンの参加条件を複雑にするというケースが代表的です。参加方法が複雑な場合や理解しづらい場合には、一気に参加者が減ってしまいます。そのため、シンプルにフォローとリツイートのみを条件にするのが無難です。

たとえばブログと連動させたキャンペーンで、フォロー&リツイートのほかに、ブログでの商品紹介を条件にするケースがあります。この場合、プレゼント商品が魅力的なものであっても、キャンペーンの応募者数は大幅に減ってしまう傾向にあります。

フォロー&リツイートキャンペーンの利点を活かせるよう、とにかく手軽に参加できるキャンペーン内容にしましょう。

応募したくなる仕掛けを作る

より洗練されたフォロー&リツイートキャンペーンにするためには、Twitterの手軽さに拍車をかけることが重要です。いくら簡単なキャンペーンを打ったとしても、ユーザーにメリットの少ないものであれば、参加者は集まりません。

ここで重要になってくるのが、抽選のプレゼントや魅力的な動画での訴求です。ポイントは、参加するユーザーにメリットがあること、さらには何かしらのサプライズがあることでしょう。

たとえば、フォロー&リツイートキャンペーンに参加すること自体がカッコいい・面白いなどのステータスとなる工夫があれば、Twitterユーザーは積極的に参加してくれるでしょう。

フォロー&リツイートキャンペーン運用のコツ

フォロー&リツイートキャンペーンは、企画が重要とお伝えしました。しかし、いくら企画が成功していても、運用方法が悪ければ最終的に上手くいきません。

フォロー&リツイートキャンペーンの成功は、企画と運用の2つが良い状態になってこそ成功するのです。

運用フローを事前に把握する

これは企画とも関係しますが、運用フローを事前に把握することが重要になってきます。

たとえば、フォロー&リツイートキャンペーンを侮っていると、予想以上の応募が集まって、運営がパンクしてしまうことはよくあることなのです。

そのため、事前にどのくらいの参加者が想定できるのか、当選発表について、プレゼントの送付についてなどの工程をしっかりと把握しておきましょう。

ある程度の当選数を出す場合には、プレゼントの発送作業がかなり大変になります。そのため、必要な人員を確保しておく必要もあるでしょう。

自社では対応しきれない場合は、事務局代行サービスの活用や一時的な人員増加を行う必要もあるでしょう。こういった対応は、いざキャンペーンが始まってしまってからでは遅いので、前もって計画しておく必要があります。特にこれまでTwitterでのフォロー&リツイートキャンペーンを実施したことのない企業は、SNSの拡散力や影響力を低く見積もらず、余裕を持った準備を心掛けましょう。

▼キャンペーンの運営を依頼できるサービス

キャンペーン事務局代行サービス

ツールを導入する

フォロー&リツイートキャンペーンの効果を最大化するために、運用ツールを導入することは必須です。

運用時に便利なツールとして、インスタントウィンキャンペーンツールがあります。各社が提供している専用ツールを活用すれば、その場で当選・落選がわかるインスタントウィンキャンペーンを自動返信機能も含めて実施できます。

また、ツール選びをする際の注意点として、各SNSのルール・規約に基づいたツールなのかという点には気をつけましょう。

SNSにはそれぞれルールが定められており、それに違反した場合はペナルティを受けてしまうリスクもあります。SNSのルール違反行為になってしまうツールも実際にあるので、企業アカウントの場合は特にツール選びを慎重におこなう必要があるでしょう。

■ 関連記事

Twitterの抽選ツールでキャンペーンを効率化!おすすめツールの選び方・注意点まとめ

まとめ

フォロー&リツイートキャンペーンについて、ご理解いただけたでしょうか?

フォロー&リツイートキャンペーンは、ユーザー側と企業側の両方にとって、手軽に参加・運用できるというメリットがあります。また、運用コスト面から考えてもメリットが大きく、費用対効果に優れたマーケティング手法と言えるでしょう。

ただし、明確な目的を立てた上で企画や運用を行うことが非常に重要です。十分な用意ができてない状態での運用は、せっかくのキャンペーンを無駄に終わらせてしまう可能性もありますので、入念な準備を欠かさないようにしましょう。

今回のフォロー&リツイートキャンペーンのコツや成功事例を参考に、ぜひ自社のオリジナル企画・運用を効果的なものにしてください。