【2021年最新】インスタグラムのアルゴリズムが丸わかり!変更点を抑えよう

Instagramをビジネスで活用している人は一度はこんな疑問が浮かぶのではないでしょうか?

・どんな順番で自分のタイムラインにコンテンツが表示されているんだろう?

・「発見タブ」に表示されるにはどうしたら良いんだろう?

・タイムラインに表示されやすいコンテンツってどんなコンテンツなんだろう?

この仕組みは全てInstagramのアルゴリズムによって決まります。この記事では、最新のInstagramのアルゴリズムについてご紹介します。後半には具体策もご紹介しているので是非参考にしてみてください。

 

Instagramのアルゴリズムとは

Instagramはユーザーが快適にInstagramを利用できるように、あらゆる判断基準をもとに優先的に表示させるコンテンツを決めています。自分が興味のあるコンテンツがInstagramに溢れているのはこのアルゴリズムが大きく影響しているのです。

フィード、「発見」タブ、リールなどの各機能では、それぞれの用途に合わせたアルゴリズムが使われています。
例えば、ストーリーズ投稿は自分の仲の良い友達の投稿を見るために利用される一方、「発見」タブは新しい情報を得るために利用されています。このように、異なる用途に合わせて働くアルゴリズムも変えているのです。

アルゴリズムのランク付け

具体的に、アルゴリズムは投稿のどの項目にどのようにランクを付けているのかをご紹介いたします。

フィードとストーリーズ

フィードとストーリーズは、投稿者と利用者がどれだけ親密かという関連性が非常に重要なポイントとなります。この関連性を「シグナル」と呼んでおり、数千個のシグナルが存在するそうです。その中で代表的な項目をご紹介します。

投稿に関する情報
これには、投稿の人気度と、投稿に関する一般的な情報が含まれます。人気度は何人がその投稿に「いいね!」したかなどを含み、一般的な情報は投稿日時、動画投稿の場合はその長さ、投稿が関連付けられた地域などです。

投稿者に関する情報
投稿者に対するあなたの関心の度合いを表すシグナルです。直近の数週間で、あなたとその投稿者との間に何回やり取りがあったかなどが含まれます。

あなたのアクティビティ
あなたが関心を持つ可能性があるものがわかります。あなたが「いいね!」した投稿数などが含まれます。

あなたと特定の利用者とのやり取りの履歴
あなたが、特定の利用者の投稿にどれくらい興味を持っているかがわかります。これには、相手の投稿にコメントしたかどうかなどが含まれます。

出典:Instagramの仕組みを解き明かす

また、フィードで重視するアクションは以下の5つです。

①投稿に数秒間の時間を費やす

②投稿にコメントする

③「いいね!」する

④保存する

⑤投稿者のプロフィール写真をタップする

例えば、カフェの投稿にいいねや保存を行うと、Instagramがカフェに関する投稿をフィードに表示をすれば上記5つのアクションを起こす可能性が高いと判断し、アクションを行ったユーザーに関連した投稿がフィードに表示されやすくなります。

そのため、企業アカウントを運用している方はターゲットとしているユーザーにどのような投稿が魅力的なのか、どのようにしたら上記5つのアクションを行なってもらえるのかということを考えて運用を行うと、ユーザーとのエンゲージメントが高くなる可能性があるということです。

発見タブ

フィードやストーリーズでのランク付けと同じように、ユーザーが過去に「いいね!」した投稿や、保存・コメントした投稿に関連した投稿が表示されるようになります。発見タブでは、以下のシグナルに基づいてユーザーに表示させる投稿を判断しています。

投稿に関する情報
投稿の人気度を測ります。どれだけ多くの利用者が、どれだけ素早く投稿に「いいね!」またはコメントしたか、あるいは投稿をシェアまたは保存したか、などがシグナルとなります。[発見]タブでは、こうしたシグナルは、フィードやストーリーズの場合よりもはるかに重視されます。

あなたと投稿者とのやり取りの履歴
ほとんどの場合、[発見]タブに表示されるのは知らない人の投稿です。ただし、ある投稿者と過去にやり取りがあった場合、そのことが、その投稿者の投稿に対するあなたの興味を推し量る判断材料になることがあります。

あなたのアクティビティ
あなたがそれまでどのような投稿に「いいね!」、保存、コメントといったアクションを取ってきたかや、[発見]タブの投稿にどのような反応を示したか、などのシグナルが含まれます。

投稿者に関する情報
直近の数週間で、その投稿者と他の利用者との間に何回やり取りがあったかなどのシグナルが含まれます。魅力的なコンテンツを投稿している人を、多種多様な投稿者の中から探し出すのに役立ちます。

出典:Instagramの仕組みを解き明かす

「発見」タブは、自分がフォローしていないアカウントの投稿が表示されているため、新しいコンテンツを発見できる場所になっています。そのため、「発見タブ」に表示されることでフォロワー外のユーザーに投稿を届けることができ、フォロワー増加に繋げることができます。

リール

リールも「発見」タブと同様に、目にする投稿のほとんどは、フォローしていないアカウントが投稿したコンテンツです。そのため、「発見」タブと近しいシグナルでユーザーにとって関心の高そうな投稿を表示させています。

1点、特徴的なのがリールの場合は「楽しさ」が特に重視されます。その「楽しさ」は何で測っているかというと、以下のアクションです。

・リールを最後まで見る

・「いいね!」する

・「楽しかった」または「面白かった」とコメントする

・音源ページに移動する(自分のリールを作ってみたいという刺激を受けたことを意味します)

また、リールでは以下のシグナルに基づいてユーザーに表示させる投稿を判断しています。

あなたのアクティビティ
あなたが最近「いいね!」またはコメントをしたり、アクションをとったりしたリールを調べます。これらのシグナルを参考に、あなたとの関連性が高そうなコンテンツを把握します。

あなたと投稿者とのやり取りの履歴
[発見]タブの場合と同様、表示されるのは知らない人が作成した動画です。ただし、ある投稿者と過去にやり取りがあった場合、そのことが、その投稿者の投稿に対するあなたの興味を推し量る判断材料になることがあります。

リールに関する情報
動画内のコンテンツに関するシグナルです。解像度やフレームレートなどの動画に関する情報、音源、人気などが含まれます。

投稿者に関する情報
投稿者の人気度は、魅力的なコンテンツを投稿している人を多種多様な投稿者の中から探し出し、あらゆる人にオーディエンスを見つけるチャンスを提供するのに役立ちます。

出典:Instagramの仕組みを解き明かす

最新アルゴリズムに対する3つの施策

では、具体的にどのような施策を行うべきなのか、3つご紹介させていただきます。

投稿内容を見直す

CMで使用した素材やチラシの元データをそのまま使用していませんか?もちろんサービスを知ってもらいたい!という思いがあるのは分かりますが、Instagramでは広告を感じさせる投稿は敬遠されてしまいがちです。
そのため、いかに広告っぽさを出さずに商品やサービスを魅力的に伝えられるかということが重要になります。例えば画像内に文字を入れている場合は、文字のフォントを明朝体ではなく手書き風にするなど、馴染みやすい投稿を意識してみてください。

ユーザーから来たコメントはすぐに返す

自身の投稿に興味を持ち、コメントをしてくれたユーザーを放置していませんか?Instagramは、相互にコミュニケーションをすると親しいアカウントであると判断し、今後ユーザーのフィードに投稿が表示されやすくなります。もちろんすべての投稿に返信をする必要はないですが、可能な限りお客様とコミュニケーションを行いましょう。そうすることで、投稿がユーザーのタイムラインに優先的に表示されやすくなり、リーチを拡大することができます。

リールやまとめ機能を使用する

Instagramが投稿を優先的にユーザーのタイムラインに表示をさせる指標のうちの一つに、アカウントの滞在時間が挙げられます。
滞在時間をあげるためにはコンテンツを充実させることが効果的です。フィードの投稿だけでなく、リールやまとめ機能を使用することでコンテンツの量が増えるため、アカウントに留まる滞在時間が増えます。また、補足ですがInstagramは新しい機能が追加されると、その機能を多くの人に認知され、使用してもらいたいために積極的に使用しているアカウントを優先的に表示させる可能性があるとも言われています。

まとめ

Instagramで明らかになっていることは、友達や家族などの親しい人のコンテンツを見るために利用されているということです。そのため、アカウント運用を成功させるためにはいかに”ユーザーと親しくなれるか”が肝になります。

今回ご紹介した施策を積極的に行い、”ユーザーとのコミュニケーションを楽しむ”ということを意識すると、自身の投稿がユーザーのフィードに表示されやすくなり、フォロワーの獲得や認知の獲得に繋がりやすくなるのではないでしょうか。時間はかかるかもしれませんが、長期的に見れば地道な運用が1番の近道なのかもしれません。