Twitter

X (Twitter) が完全有料化?話題の真偽とテスト導入について解説

    記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Linkedin
  • はてなブックマーク

2023年10月、イーロン・マスク氏の発言から、X (Twitter) が完全有料化になる可能性がある、という話題が注目を集めました。

一部の地域で有料化のテストに関する話題も出たことから、気になった方も多いのではないでしょうか。

そこで、X (Twitter) の完全有料化への移行の真偽やテスト導入の内容、有料化によって企業が受ける影響について解説していきます。

 

 

X (Twitter) が完全有料化への移行は本当?

最初に、X (Twitter) の完全有料化に関する話題について、時系列順に整理していきます。

マスク氏が示唆した月額課金の導入とは

2023年9月18日、X社のイーロン・マスク氏とイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相が「AIの未来」をテーマに対談を行いました。

この対談の中でイーロン・マスク氏は「ボット対策の手段として、X (Twitter) ユーザーに対して低価格帯のサブスクリプションを導入する」と発言しました。

X (Twitter) には悪質なボットが蔓延しており、ヘイトスピーチや誤った情報の発信が多くありました。

イーロン・マスク氏は「有料化によってコストを発生させることで、ボットの数を減少できるのではないか」と考えたのです。

この対談におけるマスク氏の発言を受けて、様々なメディアで「X (Twitter) が完全に有料化される」と報道したのです。

参照元:アーズ・テクニカ「Musk and Netanyahu blame “armies of bots” for spreading antisemitism on X」

マスク氏が報道に反応

しかし、2023年9月20日にイーロン・マスク氏は、「X (Twitter) の完全有料化」を否定するような反応をみせています。

該当のポスト (ツイート) が以下になります。

 

まず、米国の報道会社であるDailyLoud(@DailyLoud)が、以下の内容のポスト (ツイート) を投稿しました。

「イーロン・マスク氏は、X (Twitter) のユーザーは間もなく、ボット廃止のために少額の月額料金を払う必要がある、と語った」

この投稿に対して、X (Twitter) のコミュニティノートにコメントが寄せられました。要約すると、以下のような内容です。

「誤解を招く投稿です。 イスラエル首相との対談でイーロン氏が述べたのは、プレミアム会員向けに低価格帯のプランを導入するということです。X (Twitter) を利用する全ユーザーに月額料金を請求するとは、全く言っておりませんでした」

コミュニティノートとは、より正確な情報を入手するために、ポスト (ツイート) に対してコメントを残せる機能です。上記のポスト (ツイート) の中段の部分「閲覧したユーザーが~」の箇所です。

そして、このコミュニティノートのコメントに対してイーロン・マスク氏が、以下のコメントを行いました。

 

And @CommunityNotes scores again

 

直訳すると、「コミュニティノートが再び得点しました」となります。「コミュニティノートが正しい意見を述べている」という趣旨の比喩表現と捉えることができます。

このように、間接的ではありますが「X (Twitter) の完全有料化」を否定するような反応を、イーロン・マスク氏はみせたのです。

後述する有料プランに新たなプランが追加するという内容を、部分的に切り取った報道が話題となり、企業やユーザーの不安を煽る形となってしまったと考えられます。

参照元:ヘルプセンター「Xのコミュニティノートについて」

X (Twitter) で行われた有料化のテスト導入について

ここでは、上記の対談と近い日程である2023年10月に開始された有料化のテスト導入について解説していきます。

まず、10月17日(米現地時間)に以下のポスト (ツイート) により、ニュージーランドとフィリピンにおいて有料化のテスト導入がアナウンスされました。

 

特定の地域のみで始まった今回のテストは、「Not A Bot」という名称が付けられました。

有料化プログラム「Not A Bot」とは?

先程のポスト (ツイート) に「Not A Bot」の内容が言及されています。概要をまとめると、以下のような内容になります。

 

有料化プログラム「Not A Bot」の概要
・対象はニュージーランドとフィリピン
・新規ユーザー、および投稿を行うユーザーは年間1米ドルを支払う
・既存ユーザー、閲覧のみのユーザーは支払い不要
・新規アカウント作成時に、電話番号の認証が必要

 

無料のアカウントで出来る操作は、タイムラインの投稿の閲覧、アカウントのフォローのみです。

有料のアカウントは上記に加え、投稿、返信、リポスト (リツイート) 、いいね、引用、投稿のブックマークが行える形となっていました。

参照元:ヘルプセンター「Not A Bot」

X (Twitter) 有料化テストの目的

有料化テストの目的は、プロジェクト名「Not A Bot」のとおり、ボットの削減です。先程のテスト開始をアナウンスしたポスト (ツイート) でも、以下のように説明しています。

「今回のテストの目的は、少額の手数料を取ることでスパムやボットを削減することです。利益をもたらすものではありません」(要約)

現状では、無料で大量のアカウントが作成できるため、スパムアカウントが簡単に作れてしまいます。有料会員のみアカウント作成や投稿を可能にすることで、スパムアカウントの排除に繋がるかのテストとなっていました。

このテストが実施された日程も近かったことで、「Xが完全有料化」という報道がより注目され、様々な形で拡散されたのかもしれません。

23年10月 新たな有料プランが追加

ここでは、新たに追加された「新有料プラン」について解説していきます。

23年10月28日、2つの有料プランが追加されたことが、以下のポスト (ツイート) によりアナウンスされました。

 

従来の青バッジ(Twitter Blue)はX Premiumと名称が変更されましたが、今回青バッジの中に新たに「ベーシック」、「プレミアムプラス」の2種類のプランが追加されたのです。

そのためXPremiumには「ベーシック」「プレミアム」「プレミアムプラス」の3つが存在するようになりました。

それぞれの価格は、以下のように設定されています。

 

「ベーシック」     月額368円 (年額3,916円)
「プレミアム」     月額980円 (年額10,280円)
「プレミアムプラス」  月額1,960円 (年額20,560円)

 

なお、有料プランごとのサービス詳細は、以下の公式サイトにてご確認ください。

参照先:ヘルプセンター「Xプレミアムについて」

また、X (Twitter) でプレゼントキャンペーンなどを実施するときに便利な「抽選機能」や「自動DM送信」などの機能は、どのプランにも用意されておりません。X(Twitter)キャンペーンを効率的に実施したい場合は、別途、X (Twitter) 向けのキャンペーンツールなどを利用する必要があります。

弊社が提供するキャンペーンツール「Shuttlerock BBF」は、「自動抽選機能」や「自動DM送信」に加えて、投稿予約機能やレポート機能などの利便性の高い機能も提供しています。もちろん、 即時抽選ができるインスタントウィンキャンペーンの実施も可能です。

キャンペーンツール「Shuttlerock BBF」の詳細に関する資料は、以下のボタンよりダウンロードください。

X (Twitter)  インスタントウィン 資料

仮に完全有料化された場合の企業が受ける影響は?

仮にX (Twitter) が将来的に完全有料化になった場合に、想定される影響について解説していきます。

企業が受ける影響として、以下の3つの内容が考えられます。

 

1.  企業アカウントの信頼性の向上
2. ユーザー層の変化
3. 運用や活用方法の見直し

 

それぞれの詳細を、解説していきます。

1. 企業アカウントの信頼性の向上

仮に完全有料化となれば、偽アカウントなどが消滅することが予想されます。

そのため、残っている企業アカウントは本物である可能性が高くなるため、今よりも信頼性が向上することが考えられます。

さらに、「プレミアム」以上の有料プラン以上であれば、認証マーク(チェックマーク)が付けられるので、アカウントの信用も高まるでしょう。

2. ユーザー層の変化

全ユーザーが有料プランへの加入が必須になった場合、ボットや個人で持っていたサブアカウントが減少することが考えられます。

そのため、アクティブなユーザー層に変化が現れる可能性もあるでしょう。

仮に完全有料化になることがあれば、個人向けのビジネスを展開している企業は、ユーザー層の変化に伴いX (Twitter)でのターゲティングを見直す必要が出てくるかも知れません。

3. 運用や活用方法の見直し

X (Twitter) が完全に有料化された場合、前述したプラン内容にも変更が加わる可能性もあります。

その場合、加入するプランの機能や利用制限にあわせて、X (Twitter) の運用や活用方法を見直す必要が出てくるかもしれません。

普段の運用に影響が出ないとも限らないため、日頃からX(Twitter)のアップデートはチェックすることを推奨します。

まとめ

ここでは、X (Twitter) の完全有料化の真偽や「Not a bot」のテスト導入、新料金プラン、有料化による影響などに関して解説してきました。

2023年11月現在、完全有料化への移行は正式にアナウンスされておりません。ただ、今年もX (Twitter)  でさまざまな変化があったことからも、マーケティングに活用している企業は、引き続きX(Twitter)の動向注目していかなければなりません。

ここで解説した内容を参考にして、ぜひ自社のX (Twitter) 運用に役立ててみてください。

記事をシェアする