Twitter

Twitter動画広告の効果を高める5つのコツ!成功事例をもとに徹底解説

Twitterの動画広告を使えば、もっと効果的に自社の商品やサービスを広められるのでは?

Twitterマーケティングに携わっていれば、そのようにお考えの方も多いと思います。実際Twitterは、ユーザー数においても世界有数のSNSです。さらに、今後も利用者の拡大が予想されているため、Twitterの動画広告で安定的な成果を上げることは売上拡大への大きな武器になります。

Twitter広告の強みは、なんと言っても洗練されたターゲティングと爆発的な拡散力。精度の高いターゲティングによって親和性の高いユーザーに広告を配信し、SNS随一の高い拡散力で多くの潜在顧客にリーチすることができます。

そこで今回は、マクドナルドやHondaなどTwitter動画広告の成功事例をご紹介し、最後には「Twitter動画広告の効果を高める5つのコツ」をプロ視点で徹底解説していきます。

Twitter動画広告の出稿をはじめて行うという方も、Twitter動画広告でもっと効果的を出したいという方もぜひ参考にしてみてください!

 

Twitter動画広告とは

まずは、Twitter動画広告とは何かについて、基礎知識をご紹介していきます。メリットを中心に解説しますので、サクッと確認してみてください。

詳細なターゲティングができる

Twitter動画広告のメリットは、なんといっても詳細なターゲティングができる点です。Twitterでは全方位で広告配信をするのではなく、属性が合致したユーザーに対してダイレクトにアプローチすることが可能になります。

全世界でも収益可能なデイリーアクティブユーザー数(mDAU)が約2億1,100万人を超えており、今後もTwitterの利用者数は拡大が予測されています。自社商品やサービスに合わせて属性を厳選し、国内外の多くのユーザーに広告を配信することができるのです。Twitterにおいては、膨大なユーザー数の中から親和性の高いユーザーのみを選び出し、動画広告を配信することが容易だということです。

具体的にTwitter動画広告では、特定の地域や年齢・性別などのユーザー属性に加え、フォローしているアカウントの傾向や「いいね」しているツイートの傾向など、ユーザーの興味・関心からターゲットを正確に絞り込む仕組みになっています。

Twitterのヘビーユーザーであればあるほど、運営側がそのアカウントの好みを正確に把握しているので、それに基づいて動画広告を配信できるのは大きな強みと言えるでしょう。

リツイートで効果を倍増できる

Twitter動画広告のもう一つのメリットは高い拡散性にあります。それを可能にするのがTwitterのリツイート機能です。すでに投稿された内容をシェアするリツイートですが、この機能は動画広告の配信においても重要になります。

通常、動画広告は視聴された分だけ課金されるケースが多いですが、リツイートされた後に見られた動画広告については、視聴されても課金されない仕組みになっています。そのため魅力的な動画広告を配信し、多くのユーザーにリツイートされた場合は、非常に高い費用対効果を得ることができるのです。

ターゲットの選定をうまく行えば、拡散力の高い層に動画広告を配信することもできるので、少ない費用で大きな認知拡大を目指すことも可能になります。

Twitter動画広告の種類

つぎに、Twitter動画広告の種類を紹介します。

Twitter動画広告は、大きく分けると主に4種類あります。それぞれ特徴があるので、適材適所で利用することによってその効果を最大限に高めることができるでしょう。

Twitter動画広告種類

プロモビデオ広告

プロモビデオ広告は、Twitterのタイムラインに通常ツイートと同じ形で表示される広告です。

この広告は、動画だけではなくテキストとセットになって表示されるのが一般的です。文字数の上限は通常のツイートと同じく、日本語の場合は140文字程度となっています。タイムライン上に表示される形式のため、ユーザーが自然に認識しやすいというのが最大の特徴です。

ネット広告には、せっかく広告を表示されていても、認識されずにスルーされてしまうものが多いです。プロモビデオ広告であれば、通常のタイムラインと同じ場所での配信になるので、それを避けることができます。

ユーザーの認知度が高いので、動画の内容さえ魅力的であればバズる可能性も高い広告形式と言えるでしょう。

プレロール動画広告

プレロール動画広告は、テレビCMのような形で流れる広告です。Twitter上で配信されている動画コンテンツの前に広告が流れる形式で、YouTubeなどでもお馴染みの広告タイプになります。

また、動画が流れるタイミングも複数あり、コンテンツの前に流れる広告もあれば、後に流れるものもあります。さらに、テレビCMのようにコンテンツの合間に流れるものもあります。

配信先のターゲットをうまく設定し、自社の商品と関連性の高いコンテンツに対して広告を配信することで、高い効果を期待できるのがプレロール広告です。スポーツ番組の間にスポーツメーカーのCMが流れるように、ユーザーの興味関心とマッチさせるよう意識することが重要になります。

カンバセーションボタン付き動画広告

画像参照:カンバセーションボタン | Twitter公式

カンバセーションボタン付き動画広告は、ハッシュタグを利用したアンケートのような広告です。視聴者はアンケートに答える形でツイートをすると、そのユーザーのフォロワーにも同様の広告が表示されます。

通常の広告とちがうのは、ユーザー参加型の広告であるという点でしょう。ただ広告が流されるのに比べて、自分でアンケートに回答したという事実が加わることで、広告の視聴を強制されているという意識が薄まります。拡散力の高さも魅力であり、ユーザーに嫌厭されにくいというメリットもあるでしょう。

※2022年4月18日以降は、Twitterの管理画面からカンバセーショナルカードを作成する機能が廃止されています。Twitter社はカンバセーションボタンの作成機能を一時終了することになり、機能の再開予定日も現時点では未定。一方で、API経由では4月18日以降もカンバセーションボタンを作成可能です。

Twitter Official Partnerとして認定されている当社「シャトルロックジャパン」が提供するキャンペーンツール「Shuttlerock BBF」では、引き続きカンバセーションボタン(カンバセーショナルカード)を利用することができます。

アプリボタン付き動画広告

アプリボタン付きの動画広告は、自社アプリのインストールを促すことのできる広告形式です。アプリのインストールを促進したいという目的に対しては、最適の広告だと言えるでしょう。

実際のアプリのインターフェースなどを見せた後にそのままインストールという、綺麗な流れを実現できる広告です。

■ 関連記事

たったこれだけ!Twitterの企業アカウント運用4つのコツ

動画広告の課金形式

動画広告を利用するなら、課金形式についても併せて覚えておきたいところです。Twitterの動画広告は一律の課金方式ではありませんので、それぞれの特徴を把握しておく必要があります。

CPC(クリック課金)

CPC(Cost Per Click)は、クリック課金型のことです。

広告上に表示されたウェブサイトリンクをクリックした数に応じて課金されます。ウェブサイトへのリンクをクリックするということは、商品やサービスへの高い興味関心を表しています。成約数や売上高という最終ゴールに近い指標に比例しやすいため、ユーザー数の明確な獲得目標がある場合などに選ばれやすい形式です。

CPV(視聴課金)

CPV(Cost Per View)は、動画再生数に応じた課金形式の広告です。

動画が再生されたら課金が発生する仕組みになっていて、単純に動画の再生数を増やしたい場合などに向いています。ただし、動画再生に対して課金されるので、ユーザーの厳選という意味ではCPC(クリック課金)に劣ります。

CPE(エンゲージメント課金)

CPE(Cost Per Engagement)は、エンゲージメント課金のことを指しています。

Twitter上での特定の行為に対して課金されるタイプで、具体的にはいいねやリツイート、リプライなどが該当します。ツイートのエンゲージメントを増やしたいときにメリットの大きい広告となっています。

CPM(インプレッション課金)

CPM(Cost Per Mille)はインプレッションをもとに、1000回表示されるごとに課金される方式のことです。

商品やサービスの認知拡大やブランディングなどに適している課金形式と言えます。

CPI(アプリインストール課金)

CPI(Cost Per Install)は、アプリのインストール数に応じて課金される形式です。アプリがインストールされてはじめて課金されるので、ユーザー獲得数などの実益に応じた広告アプローチができるという特徴があります。

一度プレイさえしてもらえれば継続して利用してもらえる可能性が高い、と言ったアプリにとっては相性の良い課金形式と言えるでしょう。

■ 関連記事

Twitterインスタントウィンキャンペーンの実施方法まとめ!メリットから活用事例まで

Twitter広告の成功事例

Twitter動画広告の成功事例を次にご紹介します。
実際の事例を参考に、自社での動画広告制作にもぜひ活かしてみて下さい。

マクドナルド

1つ目の事例は、マクドナルドの期間限定メニュー「新サムライマック」の認知拡大を狙ったTwitter動画広告です。大人が満足する食べ応えを追求した、サムライマックの新しい2種類の味を動画にて表現しています。

ご覧の通り、正方形の上半分を動画、下半分を新商品の静止画で表示しています。この仕様によって、ユーザーは常時2種類のハンバーガーを目にすることになります。また、動画の冒頭で「日本の大人たちへ」というテロップが入り、ターゲット顧客を明確にしている点も注目すべきでしょう。

動画内の堺雅人さん演じる侍のナレーションについても、すべて字幕が入っています。このように、マナーモードでTwitterを利用するユーザーにも内容を伝える工夫はとても重要です。

船の航海という常に動きがある動画が繰り広げられる中で、絶妙なタイミングで商品が紹介されます。1分という比較的長めの動画広告ですが、あっという間に見終わってしまう内容です。公開初日で約1,800リツイートされるなど、反響を呼ぶTwitter動画広告となりました。

Honda 本田技研工業(株)

2つ目のTwitter動画広告の事例は、ブランディングを目的としたHondaの動画です。新商品の紹介ではなく、Hondaについてユーザーに想起させる内容の動画広告になっています。

字幕やテロップなどはありませんが、動画の冒頭でスピード感のある車窓からの風景が映し出され、ユーザーを惹き付けています。たった一つの動画で、車やバイク・農業機器など幅広い商品をアピールし、Hondaの多面性を表現しているのも目を見張る点です。

また、動画の最後にはジャニーズのKing & Prince のメンバーと共に「きょう、だれかを、うれしくできた?」というキャッチフレーズを紹介。今後ユーザーが車やバイクなどの大きな買い物をする際に、Hondaの良いイメージを想起するであろうブランディング動画となっています。

■ 関連記事

プロが解説!動画広告の作り方と制作のポイント5選

Twitter動画広告の効果を高める5つのコツ

Twitter動画広告を利用するのならば、そのコツを把握しておきたいところです。ここでは5つ厳選してコツを紹介しますので、ぜひ再現してみてください。

1. ターゲティングを精密に設定する

広告の精度を高めるためには、ターゲティングを精密に設定することが重要です。Twitter動画広告のターゲティングは優秀ですが、事前の設定が失敗していると、その効果を享受することができません。あらかじめ社内でターゲット像となるペルソナを明確にし、広告の管理画面で正確に設定するようにしましょう。

<ペルソナの例>
ペルソナ

2. 冒頭2秒で惹きつける

動画広告では、広告を最後までみるかどうかが開始数秒で決まってしまいます。そのため、冒頭の2秒でユーザーを惹きつけるような動画広告を作成するように意識しましょう。

動画制作に使える予算が限られている場合であっても、なるべく動画の前半に工夫やこだわりを凝らすようにしましょう。具体的には、ユーザーに課題や質問を投げかけたり、動きのあるアニメーションで気を引くといった方法が効果的です。

3. テキストを入れて無音でも成立させる

動画広告には音声があるため、文字は不要と思っている人も多いかもしれません。しかし、Twitterを利用しているユーザーは、マナーモードや消音モードで利用するケースがほとんどという事実を理解しておきましょう。

ユーザーの離脱を防ぐためには、無音状態でもわかるようにテキストを入れてメッセージを伝えることが重要です。

4. 広告っぽさをできる限りなくす

Twitterを利用しているユーザーは、フォローしているアカウントの通常ツイートを見たくて利用しているという前提を理解しましょう。

Twitterに限らずSNSでは一般的に、広告感が強い動画よりも、自然な投稿に近い動画の方が好まれやすい傾向にあります。自社の商品やサービスの魅力を伝えたいあまり、宣伝感が強すぎる動画になっていないかを確認するようにしましょう。

5. ユーザーにアクションを促す

いくら魅力的な動画広告であっても、ただ見られて終わりではあまり意味がありません。認知拡大やブランディング目的の場合を除いて、ユーザーに取ってもらいたいアクションを明確にするようにしましょう。

具体的には、ウェブサイト導線になるクリックや資料請求、キャンペーンへの応募を促すことなどが上げられます。

 

シャトルロックジャパンでは、SNS動画広告の効果を最大化する動画制作サービス「Shuttlerock Studio」を提供しています。静止画やチラシなどの素材を活用して、低コストでかんたんに効果的な動画広告を制作可能です。

Shuttlerock Studioにご関心のある方は、ぜひ詳細ページをご覧ください。

まとめ

Twitter動画広告の成功事例や効果を高める5つのコツをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

Twitter動画広告は、精度の高いターゲティングと爆発的な拡散力が魅力のアプローチです。この2つを最大限に活用できるよう意識して、動画広告の施策にぜひ取り組んでみてください。

本記事が、皆さんの疑問解消になっていれば幸いです。