Twitterは情報拡散が得意なSNS

TwitterはほかのSNSサービスと比較して情報の拡散力が高いのが特徴です。
リツイート(RT)という機能があり、誰かが発信した情報をリツイートすると、自分のフォロワーのタイムラインにも表示される仕組みとなっています。それを見た人がさらにリツイートすることで、どんどん情報が拡散されていくのです。
多くの人にリツイートしてもらえるようになればなるほど、よりたくさんの人のところへ情報が届けられるようになります。
さらに、リツイートがきっかけで、自分のアカウントの認知度が上がることやフォロワーが増えるというメリットも得られるようになります。
多くの人に情報を届けたいと思っている方は、Twitterのリツイート機能を上手に活用してみると良いでしょう。

Twitterでリツイートされやすい投稿とは?

では、Twitterでリツイートされやすい投稿というのは、一体どのようなものなのでしょうか?
Twitterでよくリツイートされているものとしては、以下のものがあります。
・ニュースなどタイムリーな情報
・プレゼント情報などお得な情報
・作り方など誰かの役立つ情報
・笑えるユーモアのあるネタ
・写真やイラストや動画


・ニュースなどタイムリーな情報
ニュースなどのタイムリーな情報は、すぐにリツイートされて、あっという間に拡散されていく傾向にあります。
多くの人が関心を持ちそうなニュースに絡めた内容が投稿できると、リツイートされやすくなります。


・プレゼント情報などお得な情報
プレゼント情報なども、すぐにリツイートされやすいです。
アパレル会社の社長さんがTwitterで100万円の現金プレゼント企画をツイートした際には、非常に多くの人がリツイートをしていました。
インパクトのあるプレゼントほど、より多くリツイートされやすいです。


・作り方など誰かの役立つ情報
お料理の作り方、マスクの作り方など、HOW TO系の情報もリツイートされやすいです。
誰かの役に立つような情報は、シェアしてみんなに広げようと考える人も多いので、フォロワー以外の人からもリツイートされやすい傾向にあります。


・笑えるユーモアのあるネタ
Twitterは、ほかのSNSと比較して、笑える要素やユーモアを求めているユーザーが多いと言われています。
そのためクスッと笑ってしまうような話は、いいねもたくさん付きやすく、多くのリツイートも得られやすくなっているのです。


・写真やイラストや動画
写真やイラストや動画なども、リツイートされやすいです。
美しい風景写真、食欲をそそるような料理の動画、かわいらしいイラストなどは、特にリツイートの数が多い傾向があります。
鉛筆だけで写真のようにリアルに描いた絵が大量にリツイートされて、テレビや雑誌の取材を受けるなどといったケースもあります。

リツイートされるためにやっておくべきこと

このように、Twitter上でリツイートされやすい投稿は、たくさんあります。
ただ、これらの投稿をしたら、必ず多くのリツイートが得られるとは限りません。
たくさんのリツイートを狙うのであれば、事前に考えておきたいポイントを紹介します!


なるべくフォロワーを増やしておく


リツイートされるためにまずやっておくべきことは、フォロワーを増やすことです。
どんなに魅力的なツイートだったとしても、フォロワーが1人もいないと、その情報は誰の目にも届かない可能性があります。
Twitterは、フォロワーが増えれば増えるほど、自分の投稿が多くの方の目に留まりやすくなるシステムとなっているからです。
リツイートを増やしたいのであれば、まずは自分のアカウントからフォローしにいくなど、なるべくフォロワーを増やす対策を考えることも重要です!


投稿タイミング


投稿するタイミングもリツイートされやすくなるために、大切なポイントです。
午前中は朝8時〜9時頃、午後は昼12時頃、夜20時以降がアクティブユーザーが多いと言われています。
反対にアクティブユーザーが少ないのは、深夜です。
Twitterはタイムライン上でどんどん情報が流れていってしまうため、過去のツイートをすべてさかのぼってチェックする人は少ないのです。
より多くの人にリツイートしてもらいたいのであれば、できるだけ利用者が多い時間を狙って投稿したほうが良いでしょう。
また、共感されやすい内容にすると、ついついリツイートしたくなってしまう人も多いので、あるあると思いたくなってしまうような内容を考えてみるのもおすすめです。


企業によるツイートでも、今回ご紹介した5つのポイントに即した投稿はリツイートされやすいです。
投稿タイミングに留意して、ブランドイメージに合わせたリツイートされやすい投稿にぜひ挑戦してみてください!



Close
お役立ち資料

Facebook広告 動画広告のベストプラクティスをご紹介します。

Close

MENU

SERVICE