Twitter

キャンペーン

事例まとめ

七夕X (Twitter)キャンペーン事例5選!成功ポイントを徹底解説

    記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Linkedin
  • はてなブックマーク

7月7日は、日本の伝統的な行事である七夕の日です。

全国各地で七夕祭りが開催されたり、笹の葉に願いごとを記載した短冊を吊るしたりなど、毎年大きな盛り上がりを見せます。

X (Twitter)においても、七夕に関する投稿は非常に多く、七夕にちなんだキャンペーンやプロモーションを行う企業が毎年多く見られます。

今回は、そんな「七夕」にちなんだキャンペーン事例5選を紹介します。
工夫されている点や、成功ポイントについても解説いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

SNSオフィシャルパートナー

 

七夕の日にX (Twitter)キャンペーンがおすすめな理由

7月7日は七夕にちなんだワードがX (Twitter)でトレンド入りする可能性が高く、トレンド入りしたワードからの流入も見込めるため、おすすめです。

実際に、2022年の7月7日には、七夕の願い事織姫と彦星など、七夕にちなんだワードがトレンド入りしていました。(出典:Twittrend)

多くの企業がX (Twitter)上でキャンペーンを実施することが想定されるので、より注目を集めるようなキャンペーン設計をすることで、商品やサービスの認知拡大やエンゲージメント強化など、目的を達成しやすくなります。

X (Twitter)の特徴でもある拡散性の高さを利用し、多くのユーザーにアプローチできるチャンスなので、事例を参考にしつつキャンペーンを計画してみてください。

■関連記事

X (Twitter) キャンペーンの最新事例と成功のコツ5つ

七夕X (Twitter)キャンペーン事例5選

ここでご紹介するキャンペーンパターンはフォロー&RTと、フォロー&引用RTの大きく分けて2つです。
それぞれどのような場合に効果的かを簡単にご紹介します。

【フォロー&RT】
該当のアカウントをフォローし、RTするだけで手軽に参加できるので、参加者が増加しやすいことが特徴です。X (Twitter)の特性である「拡散性の高さ」を活かしたキャンペーンといえます。

多くのユーザーが参加することが見込まれるため、フォロワー獲得や情報拡散を目的としたキャンペーンにおすすめです。

【フォロー&引用RT】
指定のハッシュタグ「#」とコメントをつけて引用RTをするキャンペーンのため、情報拡散とUGC創出の両方に効果的です。

応募条件やユーザーへの問いかけを工夫し、ユーザーが参加したくなるようなキャンペーンを設計し、参加してもらいやすくする必要があります。

事例①:フォロー&RT(来店促進)

■電子マネーnanaco【公式】

賞品  電子マネー100ポイント×1万名様 【総額100万ポイント】

ポイント

自社店舗で使える電子マネーをインセンティブにしているため、来店促進にうまくつなげている事例です。賞品は総額100万ポイントの高額でインパクトがあり、ユーザーからのひきが強いです。また、1万人が当選するため、ユーザーに“参加すると当選するかもしれない”という期待感を持たせており工夫されています。

さらに、日参加できる、即時抽選(インスタントウィン)でキャンペーンを実施していました。その場で当落結果がわかるため、気軽にユーザーが参加できることから、より参加者増加が期待できます。毎日参加できるキャンペーンにすることで、1度落選したユーザーは翌日以降も参加してもらえる可能性が高く、ニ次拡散の効果が期待できるため、サービスの認知拡大に効果的といえるでしょう。

事例②:フォロー&RT(情報拡散)

■Buzz Food(バズフード)

賞品   アイスクリーム ギフト券×100名

ポイント

アカウントのフォローと対象投稿をRTするだけで、すぐに当落結果が届く即時抽選(インスタントウィン)キャンペーンを実施していました。ユーザーが参加しやすい、参加ハードルの低いキャンペーンを実施した事例です

キャンペーン期間は7月1日〜7月7日までとし、七夕限定の“特別感”を演出しておりユーザーが参加したくなる工夫をしています。

賞品は、暑い夏に食べたくなる人気のアイスクリームです。季節感にあった賞品設計にすることでよりユーザーから興味を持ってもらいやすく、参加意欲を高めることができるかもしれません。

■関連記事 

X (Twitter) インスタントウィンとは?数値ありの成功事例と実施における注意点も解説!

インスタントウィンキャンペーンを実施するには

X (Twitter)でインスタントウィン(即時抽選)キャンペーンを実施するには、X (Twitter)の利用規約に準拠した専用ツールの導入が必須です。

2023年2月に、X (Twitter) APIは無償での提供が終了されることが発表されました。その影響を受け、サービスの提供を終了しているツールベンダーも多くあるため、使用するツールを選定する際には、「X (Twitter) API有償化以降も利用できるツールなのかに注意しましょう。

 

《 X (Twitter) API有償化以降も、引き続きご利用いただけます。

Shuttlerock BBFなら、X (Twitter)キャンペーンの参加者を増加させやすい
即時抽選(インスタントウィン)が可能です。

企画立案からコンテンツ制作、キャンペーンの運営までワンストップでサポートしています。
詳細が気になる方は、下の画像をクリック▼

 

事例③:フォロー&RT(商品認知拡大)

■味覇(ウェイパァー)【公式】@廣記商行

賞品  味覇 +ヴィーガン味覇 のペアセット×7名

ポイント

新商品の認知拡大を目的としたキャンペーンを行なっていました。当選者は、七夕を連想させる“7”人にしているところもユニークなキャンペーン設計と言えるでしょう。さらに既存の商品を彦星、新商品を乙姫に見立てたバナーで、七夕感を演出しています。

X (Twitter)で注目を集める「七夕」に合わせて新商品の認知拡大を行うために、多くの参加者を見込めるキャンペーン設計にしたことは参考にしたいポイントです。

事例④:フォロー&RT+コメント投稿で当選率UP(UGC創出)

■ネスレ ワールドマルシェ

参加方法

【1】対象のアカウントをフォロー
【2】該当のツイートをRT
   +
コメントへ当選に込めた願いを書くと当選確率10倍

賞品 指定のお菓子・飲料のうちお好きな商品を1つ×15名

ポイント

応募条件としてフォローとRTをすることに加え、当選に込めた願いをリプライすることで当選確率が10倍になるという条件を提示しているところが注目したいポイントです。

例えば、商品の使用感をコメントするという応募条件であれば、実際に商品を使用するという面でハードルを高く感じてしまいます。しかし、当選に込めた願いをリプライであれば内容を考えやすく、コメントをするハードルを下げることができます。

こうした工夫で、情報拡散に加え、リプライ数の増加をうまく促している事例と言えるでしょう。

■関連記事

フォロー&リツイートキャンペーンのやり方を解説!成功事例から学ぶ企画・運用のコツ

事例⑤:フォロー&引用RT+Wチャンス(UGC創出)

■味の素スタジアム

参加方法

【1】対象のアカウントをフォロー
【2】該当のツイートに願い事と#味スタ七夕2022 をつけて、引用RT

賞品 特賞】 コメントした願いごとを味の素スタジアムが叶えてくれる

                 【Wチャンス賞】①ロイヤルホスト商品券(5,000円分)×7名様
                                                   ②らぁ麺はやし田(4食入り)醤油らぁ麺×7名

ポイント

賞品のインパクトが強いキャンペーン事例です。なんと、特賞では「願い事を叶えてくれる」という斬新なアイディアの賞品を提示しています。七夕のイベントに合った施策で、よりユーザーからの興味をひくキャンペーンを実施していました。

賞品を何にするか悩んでいる企業様は多いかと思いますが、こういった「体験」や「期待感」などを利用した賞品もあるので参考にしたいポイントです。

まとめ

今回は七夕にちなんだX (Twitter)キャンペーン事例を、5つご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか。

参加ハードルが低く、参加者増加が期待できるフォロー&RTをはじめ、願い事をコメントに記載することが応募条件の、七夕らしいキャンペーンも多くありました。

X (Twitter)上で多くの企業がキャンペーンを実施する期間といえるため、より注目を集めるキャンペーンを実施する必要があります。

賞品を、ユーザーからの引きが強い豪華なものにしたり、七夕らしい内容にしたりと様々な工夫が見られます。七夕をテーマにしたX (Twitter)キャンペーンを企画する際には、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

記事をシェアする