X (Twitter)

キャンペーン

X (Twitter) 動画完全視聴キャンペーンのやり方と成功のコツ、事例を解説!

    記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Linkedin
  • はてなブックマーク

視覚的・聴覚的に訴求できる動画は、マーケティングの施策において、有効な手段として注目を集めています。

その動画をキャンペーンに活用した施策が、X (Twitter) 動画完全視聴キャンペーンです。動画の視聴によるPRは、多くの情報をユーザーに伝えられるため、高い成果が期待できるのです。

そこで、X (Twitter) 動画完全視聴キャンペーンのやり方やメリット、成功させるためのコツや事例について解説していきます。

 

 

動画完全視聴キャンペーンとは

動画完全視聴キャンペーンとは、指定の動画を「完全」に視聴することを、応募条件として設定しているキャンペーンを指しています。

動画に表示されるシークバーを表示せず、ユーザーが早送りができない仕様にすることが可能です。動画を最後まで視聴してもらうことで、抽選の結果が分かる仕組みになっているのです。

動画をユーザーに最後まで視聴して貰えるため、多くの情報を伝えることが可能です。例えば、新商品のプロモーション動画を指定すれば、興味関心の向上や認知拡大が期待できます。

 

ポイント

キャンペーンの特徴を理解して、成果を最大化させましょう

動画完全視聴キャンペーンのフロー

ここでは、キャンペーンに参加するユーザーの視点から、動画完全視聴キャンペーンのフローについて解説していきます。

例えば、「動画の完全視聴」とアカウントの「フォロー」が参加条件として設定されたキャンペーンです。

最初に、ユーザーはアカウントをフォローします。次に、指定のURLをクリックすると、X (Twitter) の認証画面が表示されます。

 

 

指定の動画を最後まで視聴すれば「応募ボタン」が表示されます。クリックをすると、抽選の結果がその場で表示されます。

以上が、動画完全視聴キャンペーンのフローになります。

動画完全視聴 キャンペーンのメリット

一般的な「フォロー&リポストキャンペーン」などとは、大きく異なる動画視聴キャンペーンですが、どのような効果やメリットがあるのでしょうか?

代表的なメリットとして、以下の3点を挙げることができます。

 

1. 完全に動画を視聴してもらえる
2. 動画による理解促進
3. 参加者の増加が期待できる

 

それぞれの詳細を、解説していきます。

1. 完全に動画を視聴してもらえる

一番のメリットは「完全視聴」という言葉にあるとおり、ユーザーに動画を最後まで視聴して貰える点です。

例えば、PR動画をSNSに流したとしても、ユーザーに動画を早送りされたり、スキップされたりすれば、何も伝えることはできません。

ユーザーに最後まで視聴してもらうことで、より正しく情報をユーザーに届けることができるのです。

2. 動画による理解促進

テキストや画像によるPRと比較して、動画の最も優れている点は「多くの情報」を伝えられる点です。

視覚的にも、聴覚的にも、商品の情報を伝えることが可能なためです。映像や音声で伝えることで、より強くユーザーの印象に残すことができます。

商品の理解促進や認知拡大が重要なマーケティングにおいて、完全視聴動画は最適なプロモーションの手段と言えるのです。

 

ポイント

多くの情報を伝えられる動画を活用して、商品やサービスの理解促進に繋げましょう

3. 参加者の増加が期待できる

動画を最後まで視聴し、その場で抽選の結果が分かるインスタントウィンキャンペーンを実施できる点も動画完全視聴キャンペーンのメリットです。

その場で結果が分かる抽選方式は、後日になって分かる方式よりも、より多くのユーザーがキャンペーンに参加する傾向があるためです。

キャンペーンは参加者が増えるほど、マーケティングの成果は高まるため、非常に大きなメリットと言えます。

動画完全視聴 キャンペーンのやり方

X (Twitter) 動画完全視聴キャンペーンの実施手順は、以下の3ステップに分けることができます。

 

STEP1. キャンペーン設計と動画制作
STEP2. キャンペーンの告知と実施
STEP3. 分析と効果測定

 

それぞれの内容を、解説していきます。

STEP1. キャンペーン設計と動画制作

最初に、キャンペーンの目的や実施期間、賞品といった全体を設計します。

特に、キャンペーンの目的は明確にしましょう。明確であるほど、成果を得られやすくなるためです。具体的なKPIを、数値で設定すると良いでしょう。

そして、キャンペーンのコンセプトに相応しい動画を制作します。自社で動画の制作が難しい場合は、動画の制作会社などに依頼すると良いでしょう。

シャトルロックでは、バナーなどの静止画から動画を製作することができます。もしご興味をお持ちでしたら、以下のリンクより詳細をご覧ください。

SNS動画広告の効果改善クリエイティブサービス

ポイント

最初に目的を明確にしてから、キャンペーン全体を設計していきましょう

STEP2. キャンペーンの告知と実施

必要な事前準備が整ったら、キャンペーンの告知を行い、実施していきます。キャンペーンの開催においては、「キャンペーンツール」の活用がおすすめです。

多くの作業の自動化、もしくは簡素化ができるため、担当者の負担軽減に繋がるためです。

例えば、弊社が提供するキャンペーンツール「Shuttlerock BBF for X」では、動画を完全視聴したユーザーの中から、設定した当選確率に応じて、当落を自動で判定します。

さらに、キャンペーン特設ページの制作や、キャンペーンを案内する投稿の予約ができる機能なども利用できます。

動画完全視聴キャンペーンを効率的に実施できる「Shuttlerock BBF for X」の詳細は、以下のページよりご確認ください。

X Twitter 動画完全視聴 キャンペーン

STEP3. 分析と効果測定

動画完全視聴キャンペーンが終了したら、効果測定を行いましょう。

例えば、X (Twitter) のポストにおけるインプレッション数やエンゲージメント数などは、アナリティクスを利用して必ず分析しましょう。

なお、X (Twitter) アナリティクスの使い方や分析方法、活用のポイントなどは、以下のページで解説しております。

X(Twitter)アナリティクスの基本!見方や分析・活用方法を解説

動画完全視聴キャンペーンの成功のコツ

ここでは、動画完全視聴キャンペーンを成功させるコツについて解説していきます。

1. 適切な動画を利用する

スキップや早送りが出来ないとはいえ、動画から離脱されることはあります。そのため、動画の内容は、ユーザーを最後まで惹きつける内容にしなければなりません。

例えば、冒頭でインパクトのあるアニメーションをつけたり、テンポよく情報が切り替わるような、ユーザーに飽きられない構成を意識しましょう。

ユーザーに「最後まで」視聴して貰えることが、最大の鍵を握っています。このことを理解して、適切な動画を制作しましょう。

2. インスタントウィンで実施する

前述の通り、賞品が当たるプレゼントキャンペーンにおいては、その場で抽選結果が分かるインスタントウィン方式がおすすめです。多くの参加者が集まりやすいためです。

ただ、インスタントウィンを実施するには、キャンペーンツールを利用する必要があります。

弊社が提供するキャンペーンツール「Shuttlerock BBF for X」も、即時抽選型のインスタントウィンが実施できるキャンペーンツールです。

さらに、「フォロー&リポスト」や「フォロー&いいね」などのキャンペーンも簡単に実施できる機能が備わっています。

キャンペーンツール「Shuttlerock BBF for X」の詳細は、以下のページよりご確認ください。

X Twitter キャンペーン Shuttlerock BBF インスタントウィン ツール

3. キャンペーンツールの活用

キャンペーンツールを利用することで、多くの作業を自動化することが可能になります。

例えば、自動でのDM返信や、参加者のリストを作成できる機能などもあります。

これにより、担当者の負担を大きく軽減できるため、キャンペーンを成功させるためには、ツールの利用は不可欠とも言えるでしょう。

4. プロに相談する

思うような成果をキャンペーンで上げるには、ある程度の経験が必要になります。そのため、運用のプロフェッショナルに相談するのも、有効な手段です。

弊社のようなキャンペーンツールの提供事業者は、多くの企業の運用やキャンペーンのサポート実績があるためです。

なお、弊社では現在、X (Twitter) 運用やキャンペーン実施などに関するオンライン相談会を無料で実施しております。以下のページより、お申し込みが可能です。

業界別 動画完全視聴キャンペーン実施例

最後に、完全視聴動画キャンペーンの実施例を紹介していきます。

実施例1. 映像コンテンツ業界

映画やアニメーションなどの「映像コンテンツ業界」のキャンペーン実施例です。

ここでは、「フォロー」と「完全視聴動画」が参加条件として設定されています。

最初に、ユーザーはアカウントをフォローし(図01)、指定のURLをクリックしてキャンペーン特設ページの認証画面からログインします。(図02)

 

 

特設ページ内に動画が設定されています。(図03)

動画には、映画やアニメの「予告動画」や「ティザーPV」などがよく採用されています。

例えば、映画やアニメの予告映像を最後まで視聴してもらうことで、続きに興味を持たせたり、映画やアニメーションの公開日を認識してもらえたりするきっかけになります。

新作の映画やアニメーションの認知拡大や理解促進を実現できます。

実施例2. 食品・日用品・販売業界

次に、お菓子メーカーや飲料水、化粧品メーカーなどのキャンペーン実施例です。

こちらも、「フォロー」と「完全視聴動画」が参加条件で、動画を視聴する(図03)までの流れは先程と一緒です。

 

 

例えば、新商品の告知動画や商品の使用感などの動画をユーザーに見てもらうことで、商品に興味を持ってもらうきっかけとなります。

これらの動画を完全視聴してもらうことで、商品の認知拡大や理解促進というような効果を得ることができるのです。

まとめ

ここでは、X (Twitter) 完全動画視聴キャンペーンのやり方やメリット、成功のコツについて解説してきました。

動画のマーケティング効果を活かしたキャンペーンであり、上手に利用することで大きなプロモーション効果を得ることが可能です。

ここで解説した内容を参考にして、ぜひX (Twitter) 完全動画視聴キャンペーンにチャレンジしてみてください。

記事をシェアする