X (Twitter)

キャンペーン

X (Twitter) キーワードキャンペーンのやり方と成功のコツ、事例を解説!

    記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Linkedin
  • はてなブックマーク

企業イメージやブランド力の向上に効果がある施策として、注目を集めているのがX (Twitter) キーワードキャンペーンです。

キーワードを自由に設定できるうえ、強くユーザーに印象付けることができるためです。これにより、様々なマーケティング効果が得られます。

そこで、X (Twitter) キーワードキャンペーンのやり方や効果、成功のコツや事例などを解説していきます。

 

 

X (Twitter) キーワードキャンペーンとは

X (Twitter) キーワードキャンペーンとは、指定されたキーワードを入力することで参加できるキャンペーンのことを指します。

キーワードを指定のWebページや動画の中に記載し、「新商品の名称」や「発売日」などをキャンペーン対象となるキーワードに設定することで、強くユーザーに訴求できます。

企業が訴求したいキーワードにユーザーが注目してくれるため、認知につながる施策を実施できます。

 

ポイント

キャンペーンの特徴を理解して、マーケティング効果を最大化しましょう

X (Twitter) キーワードキャンペーンのフロー

ここでは、参加するユーザーの視点から、キーワードキャンペーンのフローについて解説していきます。

最初に、ユーザーは参加条件であるアカウントをフォローします。次に、指定のURLからキャンペーン特設ページの認証画面へ移動します。

 

 

キーワードを入力したら、「応募ボタン」を押して応募します。応募が完了したら、その場で抽選結果が表示されます。

以上が、一般的なキーワードキャンペーンのフローになります。

X (Twitter) キーワードキャンペーンのメリット

ここでは、X (Twitter) キーワードキャンペーンのメリットについて解説していきます。

主に、以下の4つのメリットが挙げられます。

 

1. キーワード化によるブランド力向上
2. 自社コンテンツへの誘導
3. Webページや動画による理解促進
4. 参加者の増加が期待できる

 

それぞれの詳細を、解説していきます。

1. キーワード化によるブランド力向上

指定するキーワードには、「商品名」「発売日」「商品のイメージを表現する言葉」などを設定します。

ユーザーは、指定されたキーワードを入力する必要があるため、ユーザーに強く印象付けることが可能です。

これにより、商品やサービスの認知向上が期待できるのです。

2. 自社コンテンツへの誘導

特定のWebページへユーザーを移動させることで、自社コンテンツの閲覧や視聴してもらえることもメリットと言えます。

例えば、プロモーション動画の中でキーワードを確認する仕組みにすれば、商品のプロモーションにも繋がります。

キャンペーン用のプロモーション動画を制作すれば、高いプロモーション効果が期待できるでしょう。

 

ポイント

自社のコンテンツへ誘導することで、X (Twitter) を超えたユーザーとのコミュニケーションを図れます。

3. Webページや動画による理解促進

遷移したキャンペーン特設ページなどで、商品やサービスの詳細を説明できる点も、大きなメリットと言えます。

X (Twitter) の投稿内容だけでは難しい、商品やサービスの理解促進に繋がるためです。指定のWebページへユーザーを誘導できる点を、最大限に活かしましょう。

4. 参加者の増加が期待できる

キャンペーンにおける抽選方法は、後日結果が分かる方式よりも、その場で抽選結果が分かるインスタントウィン方式が推奨されています。

インスタントウィン方式の方が、より多くのキャンペーン参加者が集まる傾向があるためです。

キーワード入力後に、その場で抽選結果が分かるキーワードキャンペーンも、このインスタントウィンの恩恵を受けていると言えます。

なお、インスタントウィンに関する詳細は、以下のページで解説しております。

Web遷移型インスタントウィンキャンペーンとは?やり方や人気の理由、成功のコツや事例をご紹介

X (Twitter) キーワードキャンペーンのやり方

X (Twitter) キーワードキャンペーンの実施手順は、以下の3つのステップに分けることができます。

 

STEP1. キャンペーン設計とキーワード選定
STEP2. キャンペーンの告知と実施 
STEP3. 分析と効果測定

 

それぞれの詳細を、解説していきます。

STEP1. キャンペーン設計とキーワード選定

最初に、キャンペーンの目的や実施期間、賞品、指定のキーワードといった全体を設計します。

目的を明確に設定するほど、効果が得られやすくなります。具体的な目標値やKPIを設定するようにしましょう。

キーワードは、「新商品のコンセプト」というように、伝えたいメッセージを明確にして設定すれば、高いプロモーション効果が期待できます。

 

ポイント

最初に目的を明確にしてから、キャンペーン全体を設計していきましょう

STEP2. キャンペーンの告知と実施

キャンペーンの事前準備が完了したら、告知を行い、キャンペーンを開催します。キャンペーンの開催にあたっては、「キャンペーンツール」の活用がおすすめです。

多くの作業の自動化が実現できるため、担当者の負担を大きく軽減してくれるためです。

例えば、弊社のキャンペーンツール「Shuttlerock BBF for X」では、キーワード入力やフォローなどの参加条件を満たしたユーザーの中から、設定した当選確率に応じて、当落を自動で判定します。

さらに、DMやリプライを自動で送信できたり、参加者のリストを自動で作成できたりする機能なども利用できます。

X (Twitter) キーワードキャンペーンを効率的に実施できる「Shuttlerock BBF for X」の詳細は、以下のページよりご確認ください。

 

X Twitter キーワードキャンペーンとは フロー ツール

STEP3. 分析と効果測定

次回以降のキャンペーンの精度を高めるためにも、分析や効果測定は必ず実施しましょう。

例えば、キャンペーンを案内するポストのエンゲージメントやインプレッションなどの数値は、細かく分析を行います。X (Twitter) アナリティクスを活用して、効果測定を実施しましょう。

なお、X (Twitter) アナリティクスの使い方や分析方法、活用のポイントなどは、以下のページで解説しております。

X(Twitter)アナリティクスの基本!見方や分析・活用方法を解説

X (Twitter) キーワードキャンペーンの成功のコツ

ここでは、X (Twitter) キーワードキャンペーンを成功させるためのコツを解説していきます。

1. 適切なキーワードを設定する

最大の特徴であるキーワードの設定は、やはりキャンペーン成功の大きな鍵を握っています。

前述した通り、設定するキーワードにも、様々なプロモーション効果が期待できるためです。

「新商品の認知向上」というように、得たいプロモーション効果から、最適なキーワードを考えましょう。

2. インスタントウィンで実施する

多くのキャンペーン参加者が集まるほど、大きなプロモーションの成果を得られます。

そのため、参加者を集めやすいインスタントウィンは必須とも言えるでしょう。ただ、インスタントウィンの実施には、キャンペーンツールが必要になります。

弊社が提供するキャンペーンツール「Shuttlerock BBF for X」も、キーワードキャンペーンにおけるインスタントウィンを実施できる機能が備わっています。

さらに、キャンペーン特設ページの制作機能や、X (Twitter) によるユーザー認証の機能なども利用できるため、キーワードキャンペーンの効率化を実現します。

X (Twitter) キーワードキャンペーンを効率的に実施できる「Shuttlerock BBF for X」の詳細を無料配信しておりますので、ぜひご覧ください。

 

X Twitter キーワードキャンペーンとは フロー ツール

3. キャンペーンツールの活用

定期的に実施することで、大きな成果を得られるのがX (Twitter) キャンペーンです。ただ、定期的にキャンペーンを開催していくのは、担当者にとって大きな負担です。

そこで、キャンペーンツールを導入して、可能な限り負担を減らしましょう。有料のサービスになりますが、その費用対効果は高いと言えます。

4. プロに相談する

キャンペーンで定常的に成果をあげていくには、相応のスキルと経験が必要になります。そこで、X (Twitter) 運用のプロフェッショナルに相談することもおすすめです。

弊社のようなツール提供事業者は、多くのノウハウと知識を蓄えているためです。

なお、弊社では現在、X (Twitter) 運用やキャンペーン実施などに関するオンライン相談会を無料で実施しております。以下のページより、お申し込みが可能です。

業界別 キーワードキャンペーン利用例

最後に、業界別のキーワードキャンペーン利用例を紹介していきます。

実施例1. エンターテイメント業界

芸能や音楽、イベントなどの「エンターテイメント業界」のキャンペーン利用例です。

ここでは、「フォロー」と「キーワード入力」が参加条件として設定されています。

最初に、ユーザーはアカウントをフォローし、指定のURLをクリックしてキャンペーン特設ページへ遷移します。

 

 

上記例のように、アーティストのティーザー映像内で公表される「新曲名」や新作アルバムの「アルバム名」、「発売日」などが使われます。

これらのキーワードにより、新作アルバムや新曲の認知拡大や情報拡散を実現できます。

実施例2. 食品・日用品・販売業界

次に、お菓子メーカーや飲料水、化粧品メーカーなどの業界利用例です。

今回も「フォロー」と「キーワード入力」が参加条件で、応募画面(図03)までの流れは先程と一緒です。

 

 

キーワードには、新作コスメの「商品名」や商品ページに記載されている「発売日」、「商品の特徴」などがよく設定されます。

これらのキーワードを設定することで、新商品の理解促進や認知拡大、情報拡散というような効果を得ることができます。

まとめ

ここでは、X (Twitter) キーワードキャンペーンのやり方や効果・メリット、成功のコツと事例について解説してきました。

適切なキーワードを設定することで、様々なマーケティング効果を得ることができるのが、キーワードキャンペーンです。

ここで解説した内容を参考にして、ぜひ自社でもチャレンジしてみてください。

記事をシェアする