Facebook

Instagram

LINE

SNS広告

SNS運用

TikTok

Twitter

YouTube広告

キャンペーン

事例まとめ

動画広告

SNSマーケティングとは?成功事例とコツを徹底解説!

    記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Linkedin
  • はてなブックマーク

現在、多くの企業がSNSを使ったマーケティング手法を取り入れ、大きな成果を出すことに成功しています。スマホが普及している今だからこそ、SNS運用は集客率を高め利益を獲得するチャンスです。

SNSマーケティングは、手軽に始められる一方で、しっかりと戦略を練らなければ思うような効果を得ることはできません。

「短期間で多くのファンを獲得したい」
「賢く自社のサービスや商品をアピールしたい」
「ユーザーの購買意欲を向上させたい」
と悩んでいる企業も多いのではないでしょうか。

本記事では、SNSマーケティングの手法や成功のコツだけでなく成功事例にも注目して詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

シャトルロック SNSオフィシャルパートナー

SNSマーケティングとは

SNSマーケティングとは、InstagramやX (Twitter)などSNSを活用し、ユーザーを商品購入までつなげるマーケティング手法です。

SNSマーケティングの手法には、SNS広告やインフルエンサーマーケティングのほか、アカウント運用やSNSキャンペーンなど数多くあります。

SNSマーケティングには、以下2つのメリットがあります。

・年代を問わず多くのユーザーが利用しているため、効率良くユーザーに情報を発信することができる
・ユーザーと企業がやり取りをしている中で、サービスの情報を届けることや、新たなファンを獲得しながら購入に結びつけられる

SNSを活用して売上の向上につなげたり、自社のサービスの認知度を上げたい企業におすすめの手法と言えるでしょう。

SNSマーケティングの重要性

消費者がSNSをきっかけに購入に至ることがあるため、SNSマーケティングは重要です。

株式会社ネオマーケティングが行った調査によると、数多くのSNSがある中で、商品の購入頻度が最も高いのがInstagramです。次いで、Pinterestからの購入頻度が高いという結果が出ています。

sns マーケティング

また、Instagramからの商品購入のきっかけは、動画の閲覧からつながるケースが多く、商品の紹介動画を目にしたことで、商品購入の意欲を掻き立てられたと答えるSNSユーザーも少なくありません。

SNSマーケティングは、商品の認知度を上げることができるのはもちろん、サービスの売上に大きく影響するなど、顧客獲得につながる賢いマーケティング手法と言えます。

SNSマーケティングで重要なSNSと活用方法

SNSマーケティングは、ただやみくもにSNSで情報を発信しても成功することは困難です。まずは、どのようなSNSがあるのか、その特徴と活用法を確認していきましょう。

X (Twitter)(ツイッター)

X (Twitter)は、手軽に文字で情報や気持ちを発信することができ、拡散効果が高いといったメリットがあります。

■特徴
・140字までのテキストで投稿ができるツール
・年代を問わず多くのユーザーが利用しており、拡散力が高い
・リアルタイムで情報を得たいユーザーが多い
・他SNSよりも効率良くシェアされやすく、リツイートなどにより短時間で多くのユーザーに情報を発信することができる
・興味・関心のあることを短文で発信することができ、トレンドやリアルタイム性のある投稿を行うのに適している

■活用方法
X (Twitter)は拡散力が高いことが特徴ではありますが、日々定期的に投稿をするだけでは爆発的な情報拡散は難しいです。

そのため、キャンペーンを行い、ユーザーに投稿やアカウントを見てもらうきっかけづくりが重要になります。拡散力が強みのX (Twitter)をうまく活用して、効率よく情報拡散・フォロワー獲得をしていきましょう。

■関連記事

X (Twitter) マーケティングとは?具体的な手法と成功事例5選を紹介!

TikTok(ティックトック)

TikTokは、若年層の利用率が高く、短尺の動画で情報を発信できます。

■特徴
・10代から20代の若年層のユーザーが多く利用しているツール
・エンタメやダンスのほか、生活に役立つ動画まで、さまざまな情報が発信されている
・広告の視聴時間の制限がないことや、一般ユーザーの投稿に馴染んで広告配信されるため、
 ユーザーにストレスを与えることなく情報を発信できる

sns マーケティング

■活用方法
TikTokは若年層へのサービスの認知度を向上したい場合や、集客率を効率良く上げたい場合に向いているツールと言えます。

ビジネスアカウントを運用するだけでなく、影響力の高いインフルエンサーにPRを依頼することも賢いSNSマーケティングの手法と言えるでしょう。

■関連記事

TikTok広告の種類【完全ガイド】守るべき4つの成功原則もご紹介

Instagram(インスタグラム)

Instagramは、10代から20代など多くの若年層ユーザーが利用しており、写真や動画をメインに投稿するSNSです。

■特徴
・写真や動画の投稿・閲覧が可能なコミュニケーションツール
・商品のデザインや特徴をビジュアルで伝えたい時に役立つツール
・Instagram上で写真や動画を編集することも可能

投稿が拡散され「バズる」チャンスもあるため、効率よく顧客獲得を実現したい企業にとって、Instagramを使ったSNSマーケティング手法を取り入れることは賢い方法と言えます。

■活用方法
Instagramには、便利な機能がたくさんあり、賢く活用することでユーザーと効率良くコミュニケーションを図れます。ユーザーの気持ちを掴むことができれば、スムーズに購買意欲を上げることができるでしょう。

【ショップ機能】
投稿された画像の商品にURLをタグ付けできる機能
価格や商品のリンクが表示され、外部ECサイトに移動してユーザーがスムーズに商品を購入できる

 

【ライブ配信】
リアルタイムで情報発信が可能
ユーザーからの質問にリアルタイムで答えたり、商品をその場で見せることができる

 

【アンケート機能】
手軽にアンケートができ、ユーザーの好みを把握することができ、マーケティングに活かすことができる

このように、InstagramにはSNSマーケティングに欠かせない機能が充実しています。Instagramの機能を積極的に使いこなすことで、ユーザーと効率良くコミュニケーションを取ることができ、利益獲得につなげることも夢ではありません。

■関連記事

Instagramのリールとは?規定サイズやクリエイティブのコツを解説

LINE(ライン)

LINEは、幅広い年齢層のユーザーが利用しています。そのため、LINEは年齢問わず多くのターゲットに情報を発信したい企業に適したSNSと言えます。

■特徴
・SNSの中で最もアクティブユーザー数が多い
・「広告配信」や「スタンプ配信」「チャット」など、さまざまな機能がある
・開封率が高い
・企業を問わず、さまざまな場面においてSNSマーケティングで役立てることが可能

SNS マーケティング
■活用方法
「LINE公式アカウント」を利用すると、ユーザーへメッセージを配信することやLINE広告で友達を増やすことができます。また、「ショップカード」や「クーポン」で来店促進を促し、「リッチメニュー」で視覚的に集客を目指すという方法もおすすめです。それぞれ見ていきましょう。

ショップカード
ユーザーが来店した際や商品を購入した際にポイントを付与や特典をプレゼントすることができる機能

【メリット】
ユーザーがポイントを獲得を目的に買い物ができるため、集客率を上げることにつながる
友だち追加をしなければ利用できないため、ファンを獲得することができる

 

クーポン
友だち追加をしたユーザーに割引や特典をプレゼントすることができる機能

【メリット】
クーポンを配信することで効率良く集客を集めることができる

 

リッチメニュー
LINEのトーク画面の下部に表示される機能

【メリット】
ユーザーを視覚的に集客することができる
ユーザーを「ショップカード」や「クーポン」に効率良く誘導し、購買につなげることが可能

ここまで見てきたとおり、LINEは効果的なSNSマーケティングができる機能が充実しているのが特徴です。ユーザーの興味を引き出しながら、密接なコミュニケーションを取りやすいため、企業が広告を発信する時やコストを抑えてサービスを宣伝したい時にも適していると言えます。

Facebook(フェイスブック)

Facebookは、30代から40代の中年層の利用率が高いSNSです。

■特徴
・世界月間アクティブユーザー数は、約30万人
・30代から40代のユーザーが多く利用している
・10代の利用率は約20%と低い
・他のSNSよりもオフィシャル感が強い
・友人や知人だけでなくビジネス仲間や趣味仲間など、幅広い人間関係とのやり取りのために利用しているというユーザーが多い

■活用方法
Facebook利用者の年齢層がやや上なため、Facebookを使ったSNSマーケティングはtoBやビジネス寄りの商品のPRに最適です。

Facebookを利用することで情報やサービスを発信し、認知の向上につなげるだけでなく集客も実現しやすくなります。

■関連記事

Facebookの動画広告【完全ガイド】コツ・成功事例・設定方法をすべて解説

YouTube(ユーチューブ)

YouTubeは、動画で視覚的に情報を発信する際に役立つSNSです。

■特徴
・子どもから大人までさまざまな年代のユーザーが利用している
・企業の活動やサービスの宣伝にも活用することができ、視覚的にユーザーの興味を得られる
・企業がチャンネルを用意し発信するだけでなく、YouTuberやインフルエンサーを活用して情報を発信することもできる
・動画広告を利用し、ユーザーにサービスを宣伝することも可能

■活用方法
企業が自ら動画配信や広告配信を行うだけでなく、YouTuberやインフルエンサーを活用し、案件動画からユーザーの商品理解を深めることにつながるSNSマーケティング手法を取り入れる企業が増えています。

企業が発信したいコンテンツや商品の活用方法など、動画を通して発信することでユーザーの商品理解や認知度を高め、購買につなげることができます。

■関連記事

YouTube広告の成功事例5選!成果を出すコツもわかりやすく解説

Pinterest(ピンタレスト)

Pinterestユーザーの約半数近くが「商品を購入する頻度が高い」と答えており、現在SNSマーケティングにおいて注目したいSNSです。

■特徴
・約900万人の日本人ユーザーが利用しているツール
・ビジネスでの活用にも注目が集まっている
・Pinterestからの購入率が高い
・ユーザーは、Pinterestで見つけたお気に入りの画像を保存することで、購入などの次のアクションにつながる確率が高くなる

■活用方法
ユーザーの興味関心が高い投稿(ピン)がホームに流れてくるため、ターゲットを掴むことができれば、商品理解を深めたうえでサービスの利用にまでつなげることができます。
さらにPinterestでは、投稿にリンクを設定することができるため、自社のサイトへ効率良く促すチャンスも掴めます。

SNSマーケティングの手法

ここからは、SNSマーケティングの手法と戦略について確認していきましょう。ビジネスの成長につなげ、効率良くファンを獲得する手法や戦略には、それぞれ特徴やメリットがあります。

オーガニック投稿

オーガニック投稿とは、広告費をかけずに投稿を発信していく方法です。ユーザーへ自社のサービスの良さを全面に伝えたい気持ちは分かりますが、あまりにも広告感の強い投稿ばかりだと、ユーザーが嫌悪感を抱いてしまいます。

そのため、「自社がどのような情報を発信したいか」よりも「ユーザーがどのような情報を見たいか」を考え、先月はどのような投稿にいいねが多かった、など分析しながらユーザーにとって有益な情報発信を心がけましょう。

sns マーケティング

広告運用

広告運用とは、費用をかけて自社の投稿を見てもらいたいユーザーへ届ける方法です。画像や動画を用いて広告を運用することで、テキストのみのリスティング広告よりもユーザーの興味関心を高めやすくなります。

SNS広告配信のメリットは、ターゲティング精度が高いため、ターゲットに合わせて情報を届けやすいという点です。広告配信をする際は、広告感を抑え、SNSを楽しんでいるユーザーに嫌悪感を抱かれにくいようなクリエイティブを使用して広告配信を行うと良いでしょう。

インフルエンサー活用

インフルエンサーを活用したSNSマーケティング手法とは、影響力の高いインフルエンサーをSNSで活用してユーザーの購買行動を高める方法です。

多数のフォロワーを持つ人気インフルエンサーの力を借りて、自社のサービスや商品をSNSでPRしてもらうことで、認知拡大や購買促進を効率良く促すことができます。

ソーシャルリスニング

ソーシャルリスニングとは、SNSのユーザーがソーシャルメディアでのやりとりを通して発信された情報の収集・分析した結果を、商品開発やサービスの向上につなげることを指します。

この方法は、ユーザーの自然な会話を通して消費者が求めているものを効率良く把握することが可能です。

トレンドをキャッチしたり、競合他社の口コミなどを参考にすることで、自社の商品開発や商品の改善に役立てられるのもメリットです。

キャンペーン運用

キャンペーン運用とは、SNSを使ってユーザーにお得なキャンペーンを発信し、ファンを獲得する方法です。

自社のアピールしたい情報を発信するだけでなく、キャンペーンを行い自社の投稿やアカウントに興味を持ってもらうことが重要です。

SNSで発信された投稿にアクション(いいねやRTなど)をすることを参加条件とすれば、情報拡散やエンゲージメント獲得に直結できるキャンペーンを行うことができます。

■関連記事

フォロー&リツイートキャンペーンのやり方を解説!成功事例から学ぶ企画・運用のコツ

SNSマーケティングの成功事例

SNSマーケティングの成功事例:Instagram

株式会社ニトリ

sns マーケティング

■参考にしたいポイント
・動画を活用しており、ユーザーの目を留めて多くの情報を伝えている
・コンテンツのファーストビューに目を引くテキストを入れており、クリックして見たくなるコンテンツである
・投稿文内で、UGC(ユーザー発信の投稿)を募集している
・投稿で紹介している家具の詳細がすぐに見られるよう、ショップ機能を活用している

sns マーケティング

このようにユーザー発信の投稿を促すことで、ユーザーがハッシュタグやメンションを付けて投稿してくれやすくなります。

また、ユーザー発信の投稿が多ければ多いほどアカウントとユーザーとの親密度が上がります。そうすると、自社の投稿がフォロワーのホームに上位表示されたり、同じ好みを持つフォロワー外のユーザーの発見タブに表示されたりなど、投稿がより見られやすくなります。

 

sns マーケティング

また、ショップ機能を活用することで、投稿を見て気になった商品の詳細をすぐに確認することができる仕組みを取り入れています。

Instagramでブランディングや情報発信をするだけでなく、購買に近づくような工夫がされており、うまくInstagramを活用している例と言えます。

■Shuttlerockにお任せください!

Shuttlerockは、Instagramの投稿や広告に使用できる動画制作を行っています。すでにお持ちの静止画やチラシの素材などを活用し、動きをつけて広告効果を最大化できる動画の制作が可能です。

シャトルロック 動画制作サービス

SNSマーケティングの成功事例:X (Twitter)

UNIQLO

■参考にしたいポイント
・画像を多く使用しており、タイムライン表示時の含有率を高めている
・ユーザーにリプライをしてもらいやすいよう、質問を投げかけている
・「❶〜❻をリプライ」というように、ユーザーがリプライしやすい内容を提示している

■結果
情報発信のみを行っている他のツイートにはリプライが0〜1なのに対し、本投稿は約35件を獲得。

■その他おすすめの方法
いいねやRTを獲得するために、〇〇だと思う人はいいね❤️・〇〇だと思う人はRT🔁 というように、2択を選択させる投稿もエンゲージメントを獲得しやすくおすすめです。

■Shuttlerockにお任せください!
Shuttlerockは、X (Twitter)でフォロワー獲得・情報拡散・エンゲージメントの獲得ができるキャンペーンツールを提供しています。X (Twitter)キャンペーンの企画・運営・事務局の対応まで一括で対応できますので
フォロワー獲得に悩んでいる方、キャンペーン企画にお困りの方、キャンペーンを行ったけど効果が低いと感じている方、ぜひお気軽にご相談ください。

シャトルロック Twitterキャンペーン ツール

SNSマーケティングの成功事例:LINE

■B.LEAGUE

sns マーケティング

B.LEAGUEは、試合を観戦したことがない新規ファンの獲得と、既存ユーザーのリピートを目的にLINE公式アカウントを運用しています。

■参考にしたいポイント
・スタンプを配信し、新規顧客の獲得を狙った
・友だち限定で行われたプレゼントキャンペーンを実施し、既存顧客の満足度向上を狙った
・来場者限定で壁紙配布(QRコード読み込み)をしたことにより、新規顧客の獲得を狙った

■結果
・人気クリエイターとのコラボスタンプの配信:1週間で300万ダウンロードを突破
・友だち限定で行われたプレゼントキャンペーン:参加者数2万人以上
・来場者限定の壁紙配布:QRコードの読み込み数400名のうち、約30%が新規顧客

■Shuttlerockにお任せください!
Shuttlerockは、LINEの友だち数増加やブロック防止を狙えるキャンペーンツールを提供しています。インスタントウィン機能を搭載しているため、キャンペーン参加後結果がすぐに分かるのが特徴です。キャンペーン企画立案・運用サポート・事務局まで一括でサポートしていますので、LINEの友だち獲得にお悩みの方、ぜひお気軽にご相談ください。
シャトルロック line キャンペーンツール

SNSマーケティングの成功事例:YouTube

北欧、暮らしの道具店

sns マーケティング

■参考にしたいポイント
・オリジナルドラマやドキュメンタリーなどカテゴリに分けて定期的に動画配信をしている
・月1回コラボ動画の配信を行っている

■結果
・約3年間でチャンネルの総再生回数1億回突破
・約3年間でチャンネル登録者数50万人突破

単発の企画や特定のYouTuberの起用はせず、カテゴリに分けてシリーズ展開をし、「続きが見たくなる」仕組みをうまく作ったことで、チャンネル登録者数や再生回数を伸ばしています。

また、北欧、暮らしの道具店はECサイトなので、ECサイトへ繋げるために、スタッフ自らが着用したコーデ集などを配信し、売上にも貢献できるようなコンテンツ配信を行なっています。

■シャトルロックにお任せください!
上記でご紹介した事例は、定期的なコンテンツ配信とクオリティの高さが重要になり、ブランディングから行っていきたい企業様にはおすすめの施策です。

ただ、そのようなリソースがない・コストがないなどでお悩みの方は、YouTubeでの広告配信を推奨します。Shuttlerockは、1からの撮影は不要で、既にお持ちの静止画を活用した動画制作が可能です。過去の実績をもとに、広告効果を最大化できるクリエイティブ制作を行っています。

シャトルロック 動画制作

SNSマーケティングの成功事例:TikTok

■資生堂

sns マーケティング

参照:株式会社資生堂『美白・UVカット効果とトーンアップ機能が入った「アネッサ ブライトニングUV ジェル」発売記念 「#アネッサおうちで夏フォトチャレンジ」キャンペーンをスタート』

■参考にしたいポイント
・エフェクトを活用し、UGC生成を促進した施策

資生堂の日焼け止めブランド「アネッサ」に、トーンアップ機能が追加された商品が新発売。その商品の認知拡大を目的として本施策を実施していました。

■施策内容
音楽とカウントに合わせてポーズを決めて動画を撮影し、「#アネッサおうちで夏フォトチャレンジ」をつけて投稿。撮影すると、エフェクトの効果により自分の肌が自然な明るさに加工され、新商品に追加された「トーンアップ機能」を疑似体験できるような施策を行なっていました。

■結果
2021年上半期、「#アネッサおうちで夏フォトチャレンジ」で投稿された数が、TikTokにおいて最も投稿されたキャンペーンとなった。

コロナ禍で、外出して楽しい写真を撮ることが難しい中で、太陽の下で笑顔で写真が撮れるという疑似体験が、ユーザーにうまくハマった事例となっています。

■Shuttlerockにお任せ!
シャトルロックはTikTokエフェクトの作成が可能です。上記でご紹介したようなエフェクトだけでなく、人の顔を認識して顔や口の動きに合わせたエフェクト作成や、平面を認識して立体的なエフェクトを表現し、バーチャル空間を作り出すこともできます。
「このようなエフェクトが作りたい!」「どのようなものを作れば良いだろう」とお悩みの方はぜひ一度Shuttlerockへご相談ください。

▶︎TikTokエフェクトについて詳細を見る

 

SNSマーケティングの成功事例:Facebook

■Relux

sns マーケティング

Reluxは、全国の宿泊施設の中からプロが厳選したものを紹介する宿泊予約サービスです。

■参考にしたいポイント
・テキストだけではなく施設がより美しく見える写真を添えて投稿している
・テキストの1番最初に、「もっと見る」を押したくなるテキストを入れている

MMD研究所の調査によると、Facebookは約7割がスマートフォンからアクセスしていることが分かっています。しかし上記の投稿を見て分かる通り、スマートフォンで投稿を見ると、「もっと見る」を押さないとテキストがほとんど見えません。

そのため、スマートフォンから投稿を見ても、伝えたいことが伝わるまたは、「もっと見る」を押して続きを読んでもらえるような工夫が必要です。

そこでReluxは、スマートフォンからアクセスしたユーザーの目を引くよう、文の冒頭に続きを見たくなるようなテキストを入れています。また、こういった文が冒頭にくることで、この宿泊施設の魅力がイメージしやすいため、理解力も高まります。

SNSマーケティングの成功事例:Pinterest

Tasty Japan

■参考にしたいポイント
・料理やシーン・裏技・季節のイベントなど多くのカテゴリに分けて投稿している
・投稿に、自社ホームページに遷移するリンクを貼っている

Pinterestは、さまざまなアイディアを求めている人が集まるSNSです。TastyJapanのようにカテゴライズされているとユーザーが探したい情報が探しやすくなります。

また、投稿をタップすると、より詳細な情報が記載されているホームページに遷移するリンクが設置されており、SNSからホームページへうまく誘導できている事例となっています。

SNSマーケティング成功のコツ

SNSマーケティングを成功させるには、正しい手法を取り入れるだけでなく、しっかりと戦略を練ることが大切です。ここからは、SNSマーケティングを成功させるには、どのような点に気を付ければ良いのかを確認していきましょう。

ターゲットにあった媒体を選定する

SNSマーケティングでは、ターゲットに合わせて適した媒体を選定することも成功のコツです。

たとえば、若年層をターゲットにするのであれば利用率の高いInstagramやPinterestのほかにもTikTokなどを選定することが重要です。
一方で、30代から40代をターゲットにする場合、中年層の利用率が高いFacebookや、X (Twitter)がおすすめと言えます。

それぞれの年代やターゲットが、どの媒体を使って情報検索を行うのかに注目してみると良いでしょう。

目的に合わせて施策を行う

広告配信やSNSキャンペーンのほかにも、インフルエンサーマーケティングなど、さまざまな手法がありますが、やみくもに手法を採用するのではなく目的に合わせて施策を行うことが重要です。

SNSマーケティングを行う前にしっかりと目的を明確にし、適した手法を選ぶようにしましょう。

積極的に動画を活用する

SNSマーケティングでは、積極的に動画を活用することも効果的です。動画広告は、プロモーション効果が高く、目や耳から情報を伝えることができます。
また、ストーリー性もあるため、ユーザーの理解を深めやすくなるのもメリットです。

PDCAを回す

PDCAとは、計画・実行・評価・改善のことです。
このサイクルでしっかりと計画を立てたうえで、回しながら目標を達成していきます。具体的な目標を立てるだけでなく正確に実行し、検証や評価、さらには問題点を把握し改善していくことが大切です。

SNSのプロに相談する

SNSマーケティングの効果的な手法や活用のポイントが自社内で判断することが難しい場合には、プロの力を借りることも成功のコツです。
SNSの特徴を把握したプロであれば、企業の目標に合わせて適切なサポートを提供してくれます。そのため、短期間で成果を出すことも夢ではありません。

SNSマーケティングでShuttlerockができること

Shuttlrockは、X (Twitter)やLINEを活用したSNSキャンペーンの設計から、Web制作、動画制作、SNSキャンペーン運営事務局までSNSのマーケティングをトータルサポートしています。

SNSマーケティングでお悩みがある方や、他社の事例が知りたい方はぜひお気軽にご相談ください!
シャトルロック sns マーケティングサービス

まとめ

SNSマーケティングについて、手法や成功のコツをご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか?

今や年齢を問わず多くの方がSNSを利用しています。賢くSNSを使ってマーケティングを行うとコスパを抑えて多くのファンを獲得して購買につなげられます。

SNSを使った賢いマーケティングの参考になれば幸いです。

記事をシェアする