Twitterのキャンペーンを実施するにあたり、自動返信の機能を使って効率的に運用したいと考えている企業も多いと思います。

「キャンペーンにおける自動返信の仕組みについて把握したい」
「効率化してくれるおすすめの自動返信ツールを知りたい」

と考える一方で、企業の大切なTwitterアカウントだから公式規約を厳重に守って慎重に進めたい、というSNS運用担当の方がほとんどではないでしょうか。

そこで今回はこれからTwitterでキャンペーンを実施する方に向けて、自動返信についてのおすすめのツールと注意点について徹底解説したいと思います。

企業のTwitterアカウント運用を担当されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Twitter 自動返信




Twitterの自動返信とは

Twitterの自動返信とは、Twitterのキャンペーンに参加したユーザーに対して、その結果を伝えるなど、自動的に返信できる機能のことです。

この機能は、近年人気となっている「インスタントウィン」など、Twitterを利用して行われるキャンペーンによく利用されています。

Twitterの自動返信ができる主なことは、「オートリプライ」と「インスタントウィン」の2つです。両者について具体的な使い方を知っておくと、Twitter上で効果的にキャンペーン活動を展開できるでしょう。

また、正しく利用することによって、Twitterが設定している公約規約について厳重に守ることにもつながります。


Twitterの自動返信はキャンペーンに便利

Twitterの自動返信がキャンペーンに利用されているのは、両者の相性が合うからです。企業がTwitter上で実施したキャンペーンに対し、ユーザーはフォローとリツイートをするだけで参加できます。

結果はすぐに自動返信されますので、ユーザーにとって、手軽に参加でき、運が良ければ当選するという楽しみが生まれます。

そして、企業側にとっては、効率良く集客効果が期待できる、より多くの人に認知してもらえるといったメリットがあるのです。


オートリプライで手間を省ける

オートリプライとは、参加したユーザーに対して、キャンペーン結果を自動的に返信する機能のことです。キャンペーンは、通常はキャンペーン投稿のリツイートやハッシュタグを付けてのツイートで参加できます。

ユーザーがキャンペーンに参加すると、抽選結果が即時にリプライされるのです。このように、オートリプライを利用することによって、返信の手間を省くことが可能になりました。

企業がTwitter上で実施しているキャンペーンの中には、ハッシュタグと「カンバセーショナルカード」を組み合わせているものもあります。カンバセーショナルカードとは、ハッシュタグを付けたボタンを並べたカードのことで、ユーザーがボタンの中から次の行動や質問に対する回答を選ぶと、自動的にリプライが送られてくるという仕組みです。

カンバセーショナルカードを使うと、リツイートが不要になるため、キャンペーン投稿自体のリツイート数は増えにくくなります。

しかし、カンバセーショナルカードを利用することで、Twitterトレンドに入るチャンスやユーザーとのコミュニケーションをより生み出す機会を作ることが可能になります。


ユーザーの応募動機にもなる

企業にとってTwitterの自動返信を利用したキャンペーンが魅力的なのは、ユーザーの応募動機を手軽に作ってくれるからでしょう。Twitterは、リアルタイム感を得られるツールとして多くのユーザーから支持されています。

自動返信機能を実装したキャンペーンを展開することで、リアルタイム感が増し、それが応募のインセンティブになります。オートリプライとカンバセーショナルカードを組み合わせたキャンペーンを例にとって説明しましょう。

Twitterに投稿すると、キャンペーンに魅力を感じたユーザーがアカウントをフォローし、ハッシュタグ付きのボタンを選択します。そして、ユーザーはオートリプライ機能によってリプライを受け取りますが、企業は当選結果のほかにお礼の言葉や関連する動画を配信するなど、さまざまなサービスを提供できるのです。

オートリプライ機能を利用すると、参加したユーザーのツイートを見たほかのユーザーがキャンペーンに参加し、リプライを受け取るという一連の流れがスピーディーに展開していきます。

うまくいけば、短時間で情報が拡散され、フォロワーが爆発的に増えることもあるのです。Twitter上でのこうした盛り上がりは臨場感を生み、それに比例するかのように、キャンペーンへの参加率も高まるでしょう。


Twitterの公式ルールに注意する

自動返信機能利用する前に、Twitterが発表している公式ルールについて、注意する必要があります。

ルールについては、以下のページで確認できます。
自動化ルール(Twitter公式)

ここでは、特に注意するポイントを2つご紹介します。

不特定多数への自動返信は規約違反

Twitterでは、不特定多数のユーザーに対して、自動返信することを禁止しています。

キャンペーンの参加者が増えて、多くのユーザーに対してリプライを送る必要が出てくると、不特定多数への自動返信に引っ掛かってしまうのでは、と不安になるかもしれませんが、Twitterが禁止しているのは、「一方的に」自動返信することです。

たとえば、「お菓子」という単語をツイートしたユーザーに対して、自動返信することは規約に違反します。

自動返信が許容されるケース

ユーザーが返信を受け取ることを承知している、ユーザーに自動返信を停止できる方法を伝えている、ユーザーの1回の反応に1度だけ返信する、などといった場合は、規約に違反しません。

そのため、キャンペーンに参加したユーザーに対して自動返信する場合も、通常の範囲内であれば、問題ないというとこです。

Twitterの自動返信ツール

インスタントウィンやオートリプライを利用する場合は、専用のツールを利用する必要があります。

Twitterの自動返信ツールは、その名の通り、自動返信できる機能とDMを送信できる機能が基本の機能として備えたツールです。

Twitterの自動返信ツールは数多く登場しているため、どれを選んだら良いか迷うかもしれません。その場合は基本の機能に加えて、プラスアルファの機能やコストの面で比較すると良いでしょう。

キャンペーンを実施する目的やどのように展開していくかを事前に明確にしておくことで、条件に合ったツールを選びやすくなります。

ここでは、Twitterの自動返信ツールとしてよく知られている、「Shuttlerock BBF」についてご紹介します。

Shuttlerock BBF

Shuttlerock BBFは、Twitter上で効率良くインスタントウィン型のキャンペーンを展開することに特化したツールです。

参加したユーザーに即時で当選結果をリプライする機能のほか、不当な応募や当選の防止機能、クーポンコードのDM送信機能など、インスタントウィンを幅広く展開できる機能が充実しています。

キャンペーンの拡散状況などがひと目でわかるレポート機能では、キャンペーンの成果を分析することも可能です。

インスタントウィンを利用して、認知拡大やフォロワーを獲得したい、キャンペーンの結果を踏まえて次のキャンペーンにつなげていくことを重要視している企業にとってはおすすめのツールとなっています。


Twitterの分析サポートツール

キャンペーンが当初の目的を達成したかどうか知るために、結果の分析は欠かせません。Twitterの自動返信ツールとともに、分析サポートツールも活用しましょう。

分析ツールを利用することで、フォロワーの増加数、キャンペーンの拡散状況などを数字として把握することが可能になります。分析ツールは数多くありますが、搭載している機能や強みなど、それぞれ異なる特徴を持っています。

また、無料で利用できるものもあれば、有料で提供されているものもありますので、コストや欲しいデータなどの面から、利用を検討すると良いでしょう。

ここではTwitter社が提供している「Twitterアナリティクス」と、株式会社AutoScaleの「SocialDog」についてご紹介します。


Twitterアナリティクス

Twitterアナリティクスでは、投稿したツイートやフォロワーについての分析が可能です。フォロワー分析では、フォロワーの性別をはじめ活動地域、興味を持っている分野など、細かな部分までデータを収集してくれます。

フォロワーの増加率をグラフで表示できるため、キャンペーンによってどの程度増えたのかを簡単に目で追うことも可能です。ツイート分析は、投稿したツイートの反応数や反応の高かったツイート、ユーザーのタイムラインに表示されているツイートの数などから、投稿したツイートが、ユーザー獲得にどの程度つながっているかを分析します。

投稿したツイートごとにインプレッションやエンゲージメントの確認も簡単にできます。Twitterアナリティクスは、無料で利用できますので、Twitterの分析に慣れるまでのフォローアップツールに最適です。

無料といっても、分析に必要なデータを提示してくれますし、Twitter社のツールということで、安心して利用できるでしょう。

SocialDog

SocialDogはTwitterのマーケティングツールとしてよく知られていて、実施したキャンペーンの効果測定などを数値化し、簡単に把握できるよう工夫されています。特徴としては、フォロワーと投稿したツイートについての細かな分析ができるという点です。

フォロワーの属性(性別や活動地域、年代など)の分析のほか、リアルタイムでフォローの獲得状況を把握することが可能です。ユーザーの属性を細かく分析することで、マーケティングの方向性を決めるのに役立ちます。

ユーザーが新規にフォローしてからどのくらいの期間フォローし続けるかという「フォロー継続率」の測定も可能です。

フォロー継続率を把握することで、キャンペーンがユーザー獲得にどの程度影響を与えているかを知ることができるでしょう。SocialDogを利用すると、フォロワーの獲得状況と同様に、投稿したツイートの影響についても、リアルタイムで把握できます。

また、特定の時間帯や曜日、日付のエンゲージメントやインプレッションを表示させるなど、ピンポイントでの分析も可能です。

SocialDogでは、無料のプランと有料のプランが用意されています。利用したい機能に合わせて、3つのプランから選択可能。

フリープラン(無料)からはじめ、ほかの機能が使いたくなったらその上のプランに切り替えるという風に、様子を見ながらツールを使っていくというのも一つの利用方法です。

<Twitterキャンペーンの関連記事>


まとめ

いかがでしたか?

今回は、Twitterの自動返信機能について説明しました。

自動返信機能は、Twitter上で展開するキャンペーンに欠かせない機能です。利用することによって得られる効果を把握して、効果的に活用していきましょう。

Twitterでキャンペーンを成功させるには、結果の分析が不可欠です。分析ツールを使い、各指標の効果測定を行いながら、マーケティングを展開していきましょう。



-->

MENU

SERVICE