Twitter

Twitterキャンペーンにおすすめのツールはこの3つ!選び方・注意点をプロが解説

Twitterのキャンペーンを実施するにあたり、効率化できるツールを活用して運用したいと考えている企業も多いと思います。

「Twitterキャンペーン実施時に使えるツールを知りたい」
「自社のキャンペーンに合ったツールの選び方を学びたい」

企業のTwitter運用を担当されている方から、そんな声をよく伺います。

そこで今回はこれからTwitterでキャンペーンを実施する方に向けて、自社に合ったツールの選び方と3つのおすすめツール、そしてキャンペーン運用時の注意点について解説したいと思います。

ツールを最大限活用し、Twitterキャンペーンを成功に導きましょう。

 

Twitterのキャンペーンツールとは

Twitterのキャンペーンツールとは、企業が実施するTwitterキャンペーンを効率化するための外部ツールのことです。

現在ではTwitterを活用してマーケティングを行う企業も多く、Twitterキャンペーン実施の目的は、フォロワー数の増加を狙うためや商品・サービスの浸透を狙うためなど、企業によってさまざま。マーケティング全体においても、いまやTwitterなどのSNSを使ったキャンペーン活動を軽視できなくなっております。

しかし実際にキャンペーンを運用してみると、面倒な手順が多いことがわかります。また、定期的にイベントを開催しなければユーザー離れを招いてしまう可能性もあるので、キャンペーンツールを利用して効率化することは必須と言えるでしょう。

Twitterのキャンペーンツールの種類

Twitterのキャンペーンツールには、いくつかの種類がありますので、ツールを導入する前に、それぞれの種類を把握しておくと良いでしょう。

種類の詳細を確認することで、適材適所でキャンペーンツールを導入できるようになります。

抽選フローの効率化

なぜ多くの企業がキャンペーンツールを導入することを考えるのかといえば、それは抽選や返信作業が面倒だからでしょう。

大企業がある程度のキャンペーンを実施することになれば、かなりの数の参加者が見込めます。しかし、それらすべての抽選作業や返信作業を人力でやるとなると、膨大な労力を必要とするのです。

その際に、役立ってくれるのが抽選フローを効率化してくれるツールです。ツールによっては、条件を満たした段階で自動的に抽選が行われるものもあるので、運営の手間を大幅にカットしてくれます。

効果測定

キャンペーンが終わってそのままTwitterを放置していたのでは、ユーザーが定着することはないでしょう。参加者がどんな反応を見せたのかを分析してこそ、キャンペーンの意味が最大限に発揮されるのです。こうした時に役立ってくれるのが効果測定ツールです。

Twitterキャンペーンに参加したユーザーをさまざまな角度から分析することができます。まずは、地域や性別、年齢などを分析することができるので、どういった場所のユーザー、どういった年齢層にウケたマーケティングだったのかを知ることができるのです。

こうした情報を蓄積させていくと、キャンペーンの効果を最大限に高めることができるでしょう。もちろん、リツイートといったTwitter上の反応も確認することができます。

このような効果測定ツールを最大限に活用すれば、キャンペーンを実施するごとに新たな知見を得ることができるでしょう。


自社に合うツールの選び方

Twitterのキャンペーンツールには、いくつかの種類があることがわかりました。ここで重要になってくるのが、自社に合致したツールをしっかりとチョイスするということです。

もしツールを選び間違えてしまうと、十分にキャンペーンの成果を得られない可能性すらあるのです。

キャンペーンの目的

こういったツールを利用する場合には、なぜキャンペーンを行うかの目的をはっきりとさせておきたいところです。

目的を大きく分けてみると、まず第一に、企業のサービスや商品の認知を拡大するということがあげられます。そしてもう一つが、実際に企業やサービスの顧客獲得を狙うというものになります。このどちらの目的を目指してキャンペーンを実施するかによっても、選ぶべきツールは違ってくるのです。

これらの目的に時間軸を踏まえてみると、さらに良いでしょう。たとえば、商品やサービスの顧客獲得を狙う場合であっても、短期的に狙うのか、長期的に狙うのかによっても違います。

短期的に狙うのならば、膨大な数のユーザーに自動対応できるようなツールが必要になってくるでしょう。逆に、長期的に狙うのであれば、ユーザー分析をしっかりとできるようなツールが必要になってきます。

ツールの機能

キャンペーンの目的が明確になったら、今度はツールの機能を確認します。目的に合致するツールでなければならないので、しっかりと機能は確認しておきましょう。

膨大なユーザーの対応をサポートしてもらう目的なのに、自動抽選機能などが備わっていないツールを選んでも意味がありません。

また、ユーザーを分析して今後のTwitterマーケティングに力を入れていきたいという場合なら、やはり詳細に分析できるツールを選ぶ必要があるでしょう。

費用対効果

最後に重要になってくるのが費用対効果です。こうしたツールを導入するためには、それなりの費用が発生しますので、しっかりと導入費用以上にメリットを得られるようなものを選ばなければなりません。

Twitterでのキャンペーンを通して期待できる売上などの成果をしっかりと考慮して、ツールを選ぶようにしましょう。


Twitterキャンペーンにおすすめのツール3つ

Twitterキャンペーンにおけるツールの選び方を知ったところで、実際におすすめツールを3つ紹介します。

これらのツールは数多くの企業が利用して、成果を出しているものなので、これからキャンペーンを実施していくのであれば見逃すことはできないでしょう。

Shuttlerock BBF

Shuttlerock BBFは、Twitterでのインスタントウィンキャンペーンなどの運用を効率化するためのツールです。拡散性を重視したキャンペーンツールになっていて、導入することによって当選か落選かが瞬時に判明できるようになります。

さらに、オートリプライシステムが導入されているので、当選者はもちろん外れたユーザーにもリプライが届きます。そのため、毎日参加できるTwitterキャンペーンを実施する場合には、大きな効果を見込めるのです。

ほかにもレポート機能が付いていますし、キャンペーンの際に怖い不正参加を除外するシステムも組み込まれています。キャンペーンでの抽選フローを効率化するという観点において、おすすめのツールと言えるでしょう。

Shuttlerock BBFは多機能ツールになっているので、短期的にフォロワーを増やす場合にも向いていますし、ユーザー分析をしたうえで長期的にファンを増やしていきたい場合などにもおすすめです。

Twitterアナリティクス

Twitterアナリティクスは、Twitterが提供する公式ツールです。Twitterのキャンペーン運用の際にも、分析の観点からおすすめのツールとなっています。キャンペーンを利用してユーザー分析を行いたい場合は必須であり、フォロワーの属性を詳細に知ることができます。

またツイートに対する反応など、ツイート分析も詳細に実施できるのです。どちらかといえば、キャンペーンの効果測定の意味合いが強いものになっていて、長期的にファンを増やしていきたいという場合にもおすすめ。Twitterが提供するツールなので、無料で利用できる点も強みになっています

SocialDog

SocialDogはTwitterアナリティクスと類似の役割を持つ、分析に特化したツールです。公式のアナリティクスでは物足りないという場合には、こちらを導入するのも良いでしょう。

Twitterアナリティクスと同様に、フォロワー分析やツイート分析を詳細にできます。さらに、フォロワー獲得分析も可能になっていて、フォローや解除の推移を確認できるだけではなく、わかりやすく視覚化してくれます。

より高度な分析テクニックを用いる際に役立ってくれるので、SNSマーケティングに力を入れるなら欠かせないでしょう。

無料プラン、月額780円のベーシックプラン、月額3,980円のプロプランと3種類のプランが用意されているので、それぞれの状況や予算に合わせて選べるのも魅力的です。

 

キャンペーン実施時の注意点

ここまでさまざまなツールを紹介してきましたが、Twitterでキャンペーンを実施する際の注意点についても解説していきます。

目的と実施内容をマッチさせる

キャンペーンを実施する際には目的と実施内容をマッチさせることが重要です。どんなに高度で洗練されたツールを利用しても、目的にマッチしていなければ、狙った効果を期待できません。

応募ハードルを下げる

ツールはTwitterキャンペーンを円滑に進めるためには重要です。しかし、相応の参加者が集まらなければ効果を発揮しません。

そのため、応募ハードルはできるだけ下げてください。大量のユーザー行動を分析するためのシステムを用意しても、そもそも参加してくれないのではまったく機能しません。

ユーザーへのインセンティブを明確に

 

応募のハードルを下げるだけでは、十分な数の参加者が集まらない可能性があるので、ユーザーへのインセンティブを明確にしましょう。

参加すると抽選でプレゼントが貰える、商品やサービスの割引クーポンが貰えるなど、わかりやすいインセンティブを用意することが重要です。

また、ステータスの提供もインセンティブの一つです。キャンペーンに参加することで、ユーザーにとってある種のステータスが得られるのであれば、多くの参加を促すことができます。

期間を適切に設定する

期間の設定は重要です。まず、短すぎると、十分に拡散力が発揮されない間にキャンペーンが終わってしまいます。ようやく爆発的な拡散をする準備が整った段階で終わらせてしまうと、非常にもったいないです。

逆に長期間やってしまうと、キャンペーンの魅力自体が少なくなってしまいます。多くのユーザーが、別に今参加しなくても問題ないと考えてしまうからです。最適な期間はキャンペーン内容や目的によっても異なりますが、短すぎず長すぎない絶妙な期間を設定しましょう。

<関連記事>

Twitterの自動返信キャンペーンを効率化!おすすめツールと注意点を徹底解説

 

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では、Twitterキャンペーンにおすすめのツールについて解説しました。おすすめのツールや選び方について、理解は深まりましたでしょうか。

ツールを活かせるかどうかは利用する人次第なので、特徴を把握して、企業の実施するキャンペーンに合致したものを選んでください。